FC2ブログ

2017レギュラーシーズン終了

シーズン開始から一度も浮上することなく、年間を通して低空飛行だった暗黒の千葉ロッテマリーンズの2017シーズンが終了しました。

年間87敗は球団ワースト記録で、もちろん最下位。54勝87敗2分の勝率.383で首位と39ゲームも離されました。
得点479は最低、失点647は最多という圧倒的な負けっぷり。
本塁打数も打率も防御率もリーグ最低どころか12球団最低です。

今季のマリーンズ内での主な部門リーダー(○はリーグ順位)は
投手
勝利  二木 7勝⑰
勝率  二木 .438⑩
防御率 二木 3.39⑧
セーブ 内 16⑥
ホールド大谷23⑩
奪三振 二木 128⑩
試合 大谷 55⑬

野手
打率  角中 .269⑭
打点  鈴木52⑲
本塁打 ペーニャ15⑱
盗塁  荻野 26③
出塁  角中.375④
安打  鈴木132⑫
犠打  田村17⑫

投手は4年目の二木が初めて規定投球回に達し、内が年間通して投げてくれ、ドラフト5位ルーキーの有吉が中継陣を支えてくれたのはよかったのですが、涌井・石川の二枚看板の不調、特に石川の絶不調は最後まで改善されることはありませんでした。
期待された即戦力ルーキーの佐々木と酒居は、年間通して活躍とはいきませんでしたが、シーズン終盤に輝きだしたので来年に期待できますね。

野手は春先の総倒れ状態から少し帳尻を合わせられました。
途中加入のペーニャの本塁打がチームトップというのもなんですが、荻野も年間通して大きな怪我はなく、終盤は盗塁ラッシュ。
2年目の平沢もプロ初本塁打を記録するなど、全体的に来年に向けて少し期待できる要素がないわけでもないですが、井口引退、中堅どころの伸び悩み、外国人の機能不全など不安のほうが大きいような…

最下位なので当たり前ですが、補強ポイントが多すぎる…
まずは攻撃陣の補強が必要だとは思いますが、球団の考えはどうなのでしょう。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まり、2020年12月からは無錫生活となりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂大学生
    集:ペナン生♂高一
    和:日本生♀中二
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター