いきなりバスケ

機内ではほとんど寝てしまっていた3時間弱のフライトで早朝に羽田空港に到着。
日本帰国は一ヶ月ぶりなので、そんなに感激はないのですが、長期連休は久しぶりでウキウキ。
…といっても子供達は学校で、薫も仕事があったりして一人の時間が長いのであまり単身生活と変わらなかったりしますが。

家族が誰もいない自宅に帰り、とりあえず寝なおしてウダウダした後は、金沢に単身赴任となるバスケチームのK君の壮行会。
その前にバスケの練習もあるのですが、夜便で到着する日だったのであまり参加するつもりはなく、シューズは上海に置いてきてしまっていました。
ですが、せっかくなのでと古いシューズを引っ張り出して急きょ練習に参加することに。

Basketball

久しぶりのシューズ、滑って滑って大変でしたが(言い訳)、楽しく練習することができました。
考えてみれば前回の出張時と合わせて今月二回目の練習参加。
今月だけ考えれば、日本にいる時より来れてるかもしれませんね…

Nさん自作の梅シロップをいただき、楽しくK君を壮行し、連休初日から充実~
身体はボロボロですが。

K君、単身赴任ズにようこそ!

国慶節連休スタート

1949年に毛沢東主席が天安門で中華人民共和国の建国を宣言した10月1日は、中国の建国記念日にあたる国慶節で、三日間の法定休日と週末・振替等で7連休となります。

うちの会社は9/30~10/6が休み。
少し変則的(?)

ということで、上海赴任後プライベートでは初めて帰国することにしました。

家から空港までの移動も初。
前のマンションではフロントでタクシーを予約できたのですが今はそれもできず、初めてハイヤーサービスを利用しましたが、これが快適。
普通のタクシーより料金は少し高いですが、敷地内の家の前まで来てくれるし、着いたら電話で連絡してくれるし、何よりも行先は先に伝えてあるので中国語でいろいろ話す必要がない(多少英語も通じる)。
もちろん乗り心地もよろしい。
これから利用させていただくことが増えそうです。

上海浦東国際空港でも国慶節を祝う大きな国旗がちょうど掲げられている最中でした。
浦東空港

今回利用したのがANAの深夜便(10/1 AM01:45発)。
ラッキーにもアップグレードとなり、幸先のいい連休スタートです。
広々としたラウンジ、特に搭乗時間に起こしてくれるわけでもない(アナウンスもない)のでここで寝てしまったらアウト。
眠いのを我慢して起きていることだけが辛い…

宴会ラッシュ

国慶節休み前に宴会ラッシュ。

月曜日は暖家で8月末の審議会の打上げ(遅っ!)
火曜日は赤坂うまやでこの日にあった別の審議会の打上げ(早っ!)
そして水曜日は他社の方々との懇親会が幸正宗で。
異業種の方々との飲み会は非常に刺激になりました。

Dinner

三日連続、夜遅くまで飲んで身体が辛くなってきましたが、あと一日で休みなので頑張れそうです。

サブロー引退試合

サブロー

サブローQVCマリンフィールドでの千葉ロッテマリーンズ-オリックスバファローズの試合は、サブロー選手の引退試合。

前日の試合で今季の順位が確定したこともあり、サブローは4番DHでスタメン。
4打席立って3三振の後、4打席目現役最後の打席で見事通産1363本目の安打となる二塁打を放ち、その直前には外野の守備にもついたようでこの日はサブロー一色、球場は大変な騒ぎだったことでしょう。

試合後にはセレモニー、最後は真っ白な滝のような紙テープがライトスタンドだけではなくレフトスタンドからも投げ入れられた中、グラウンドを一周し、胴上げ。
動画で見ただけで感動しました。

今後の進路は発表されていませんが、Marinesを日本一の球団にするという次の夢のために、またその勇姿を見られることを楽しみにしています。

ようやく落ち着いた

新居に入居してすぐ、トイレの水漏れが発覚して、(思い切って)エージェントに部屋のカギを渡して留守中に修理に入ってもらいました。
同時にお願いしていたウォーターサーバーとドアチェーンは無事に配送/取り付けをしてもらえたのですが、肝心のトイレの方はというと、今度は水がタンクにたまらなくなっていました。

「おいおい、そりゃあ水を止めてしまえば、水も漏れなくなるだろうよ…」

と思ったら依然として漏れ続けているといいうお粗末さ。
何を直したの? というか何をいじって、どうなったから納得して終わったと報告したの?

ということで、今日は修理のやり直し。
今度は直るのを見届けると、不動産エージェントも立ち会ってくれ、やっと無事に修理完了。
今度は大丈夫そうで、ようやく本来の引越ししてくる日クオリティになりました。

まだ10日程度というのに、早速数々の洗礼を受けました。

ようやく落ち着いたところで、それには最高の聞こうとなってきたところで外ビール。

城市公牛

City Bull[城市公牛]のテラス席で自分には珍しい一人ビール+肉

城市公牛

今日の中国語教室のテーマはレストランのシチュエーションだったのですが、英語で話しかけられたのでそのまま英語で注文しました。
それじゃぁ、上達しないわな~

閉じ込められる

引っ越してきたマンションは、建物の入口の硝子戸に鍵がかかっていて、外から入るにはカードキーをかざし、中から出る時にはボタンを押して解錠します。

↓左が中から開けるボタン 右に見えるのがカードをかざすインターホン
マンション鍵

仕事から帰って来ると、中から親子連れがこちらを向いて戸をバンバン叩いていました。
ジェスチャーを見る限り、どうやら中から会場できずに外に出られない模様。

カードキーで外から開けてあげると喜んで出て行ったので、そのまま自分も中に入って部屋に…

あ…

当然、中から鍵をあけられず、今度は自分が閉じ込められました。

すべきは先日の管理人室にでも行って、鍵の修理を頼むことでした。
が、そんな高度な中国語は無理なのですが。

たまたま近くにいたエージェントに連絡して、硝子戸の内側で待っていようと思ったら、既に修理中。
誰かが連絡してくれたみたいです。
そりゃそうか。他にも住人はいっぱいいますから。

無事に食事に出かけることも出来ましたが、冷静な判断を欠いた一瞬でしたね。

マンション管理室

携帯に中国語で電話がかかってきて、スタッフに話してもらったら
『宅急便が届いているから受け取り方法を指定してほしい』
とのこと。

『夜なら帰る』と伝えてもどうしようもなく、マンションのとある部屋番号を教えられ、そこに取りに行けとのこと。

ちょうど不動産エージェントの担当者が来ることになっていたので、一緒に行ってもらったら、そこはマンションの管理室。
スタッフが日本語を話せるはずもなく、エージェントに通訳してもらって聞いたのですが、『そんな荷物は預かった履歴がない』と…

そんなわけないのに…と、かかってきた電話番号にかけてもらうと、『預けずに持っている』との回答。

どこでどうなったのかよく分かりませんが、郵便受けに入れてもらうことで決着。
前のマンションなら全部日本語で出来たのに…とローカルマンションの現実を早速感じることになりました。

関係ないですが、管理室にあった謎のペナント
マンション管理室

日本語があるんだから、少しだけでも日本語話して欲しい…
ま、逆に中国に住んでるんだから少しでも中国語話せと言われるでしょうが。

上海亚太新阳服饰礼品市场

中国語教室の帰り、上海科技館周辺をぶらぶら。

地下鉄上海科技館駅[上海科技馆站]の地下にある市場、上海亚太新阳服饰礼品市场

上海亚太新阳服饰礼品市场

色々な店があって、見ているだけで楽しいのですが、小さな店にそこの店員が客を待ち構えているような雰囲気で、言葉の壁を考えるとどうしても冷やかしで店の奥まで入っていくのには勇気がいります。

そのうち、日本語で『何が欲しいの?こっちで見て行って』と腕を引っ張られんばかりにまとわりつかれ、一気に冷めて逃げ帰りました。
今度またゆっくりと見て回ることにします。

地上には上海科技館

上海科技館

今回は中に入りませんでしたが、そのうちチャレンジしてみようと思います。

前の川(?)沿い、景色がいいのですが、魚を採っているらしき人が数人…

上海科技館周辺

こんな天気の日は、コーヒーを飲みながらのんびりするのもよさそうです。

ニトリ[尼達利]

最初に住んだ東櫻花苑にはついていたような気の効いたものが新しいマンションにはないものが多いのです。
また、どうせ引っ越すからと購入する雑貨は最小限にしていました。

今回、ようやく落ち着き先が決まったということで、中山公園 兆豊広場にあるニトリ[尼達利]に行ってみました。

ニトリ

結構広い店内は2Fには主に雑貨、3Fには家具が販売されています。
日本と同じもの、もしくはありそうなものから、ここに来て初めて見たようなものまでいろいろですが、整理された清潔感のある店内と多くの品揃え、ずっと見ていても飽きません。

地下鉄で帰るので必要最小限のものだけ買いましたが、また来てみてもいいなぁ。
本当は欲しいなんてものもまだあるし。
その時は帰りはタクシーか、配達か。

中秋節麻雀大会

今年の中秋節は9月15日で、17日まで三連休。そして18日は日曜日なのに平日扱いなのだそうです。
当然うちの会社も今日から三連休で日曜出社。

中秋節の丸い月は団欒を象徴し、家族と一緒に団欒の食事をするのがこの時期の風習だそうで、月餅を食べながら月見をするのだそうですが、我々は4人で極楽湯で、雀卓を囲んでビールを飲みながら牌を握ります。

極楽湯

しかしこの日は気持ちいいほど全くダメダメ。
負けた~

さらに帰りは大雨でタクシーがなかなか来ず…
上海は月見どころではありませんでした。

転居

あいにくの雨天の中、とうとう転居の日がやってきました。

マンションからのこの景色ともお別れです。

東櫻花苑からの眺望

上海赴任が決まって住宅探しをする際、前任者を含む同僚が10人程度住んでいて、一人で暮らすにも日本食レストラン、日本食材店や大浴場が建物内にあり、しかも何かあった場合はフロントが日本語対応してくれる、といったこの東櫻花苑を紹介され、他の物件がパッとしなかったこともあり即決しました。

東櫻花苑

その直後に新オーナーが決まり、ちょうど着任した時にそのオーナーが賃貸をやめて分譲マンションに変更するという方針を出したものだから(近々住民が退去させられる方針ということで)、入居届や荷物搬入をしてもどこか落ち着きませんでした。

会社の配慮で、いつ来るかわからない退去通告まで待つことなく新住居を探してよいということになったので今回(背中を押されてしまった形ですが)転居することに。

単身赴任だし、別にローカル色豊かなところを楽しむことはない、と思って東櫻花苑にしたのですが…
結局これから存分に楽しませてもらうことになりそうです。

転居先

東櫻花苑からは車であればそんなに遠くなく、日本人も多い地域なので日本人が普通に使えそうな店も近場にいっぱいある新しい住処。
駅もそこまで遠くないので立地という意味での不便さはあまり感じずに済みそうです。

転居先

部屋のメンテや家具の入替えも「ほぼ」約束通りに完了していて一安心。
ネットワークも、遅いながらもまぁまぁ使えそう。
ウォーターサーバーやドアチェーンの追加が後日になるのは御愛嬌?

いろいろ手続きを終えると、荷物を開ける時間もなく歓送迎会から二次会へ突入したので、ベッドのマットにビニールカバーされたまま寝ることになりました。
これから箱開けてシーツなど探すの無理…

品川(長泰広場)

日本からTさんが出張に来てくれました。
残念ながら昨晩到着・今晩出発という強行日程で、空港に行くまでの短い時間でしたが、同じ部署のメンバー数人と金科路の長泰広場にある四川料理レストラン 品川へ。

品川

向かいには赤坂亭があって、何か不思議な感じです。

辛い料理に唇を腫らした後は、まだ空港に送るには早い時間だったのでスターバックスでコーヒー。

Starbucks

コーヒーカップが家にはないので、中秋節バージョンのカップに非常に惹かれたのですが値段が…
一人で寂しくコーヒー飲むには高価すぎますな。

月餅

もうすぐ中秋節ということで、月餅が待ちのあちらこちらで売られています。

会社からも従業員にささやかながら(?)配られました。
(北京出張の日に配られたので同僚に預かってもらっていました)

月餅

セブンイレブンでも販売されています。

月餅

中身は分かりませんが、コンビニで売られている割には見た目が高級そう。
箱に価値があるのだとは、会社の現地スタッフの話。

北京出張③~北京観光

上海に帰る前に、北京駐在のMさんとEさんに北京観光に連れて行っていただきました。
同じく北京は初めてという同行したH君も一緒に。

朝、早起きしてMさんもまだ行ったことがなかったという万里の長城へ。

北京市街から近く多くの観光客が訪れるという八達嶺長城[八达岭长城]
朝早かったせいか、ケーブルカーもほとんど待たず、スムーズに長城に到着。
比較的のびのび見学できました。

万里の長城 八達嶺


【世界遺産】万里の長城(1987年登録)
秦の始皇帝が、北方異民族の侵略から領土を守るために建設されていた数々の長城を繋ぎ合せる大事業を展開したのが始まり。
その後、拡大と延長を繰り返しながら、明朝の時代に完成した。
現存するものの大部分は、明代の建造で、総延長約6000キロという世界最大の城壁。
北京近郊の長城 は石やレンガで作られた重厚なもので、敵監視台、狼煙台などが均等に分布していて芸術性も高い。


歩こうと思えばそれこそどこまでも歩いて行けそうなのですが、時間もないのと結構なアップダウンで最初に飛ばしてしまうとどうなるか分からないというので、少しだけ。
それにしてもケーブルカーに保険加入が義務づけられているというのが怖い…

万里の長城 八達嶺

北京市内に戻ってきて、次は頤和園

頤和園

頤和園


【世界遺産】頤和園、北京の皇帝の庭園(1998年登録)
秦頤和園は北京市海淀区にある庭園公園。
清朝第六代皇帝の乾隆帝が1750年に造営した清漪園が始まりで、その後、1860年に第二次アヘン戦争にて英仏連合軍によって破壊されたのを、西太后が巨額の海軍費用を投じて再建した。
面積220㎢・水深1.5~3mの人工湖・昆明湖と標高60mの万寿山を中心にした3000㎢の中国南北の庭園技術の粋を取り入れた壮麗な庭園。
摂政として絶大な権力を手にした西太后は頤和園をとても気に入って、晩年のほとんどをこの頤和園で過ごした。


万寿山にある仏香閣
頤和園

清晏舫
頤和園

乾隆帝が造営した石船。水が動いても動かない石船が皇帝権力の強大さを表しているそうです。

続きを読む

北京出張②~義和雅苑

北京出張の目的は(当然)この日のミーティング。

上海に赴任して初めて関わることになったビジネスについていろいろ教わりながら、今後の進め方を合意することが出来、とりあえず満点のアウトプットが出て楽しい夕食。

北京在住のMさん、Eさんに義和雅苑に連れて来ていただきました。

義和雅苑

やはり北京に来たら北京ダック[北京烤鴨]だろうということで選んでいただいたお店。
北京で創業された燕京啤酒[Yanjing Pijiu]も。
燕京とは北京の古い呼び方なのだとか。

北京出張①~萬火

出張で初めて北京へ行くことになりました。

午後に会社を出て浦東空港から北京に飛び、二泊してくるという日程です。
国内線ではあるのですが、浦東空港では荷物検査やパスポート検査が厳しいので時間がかかります。

空港内の謎のオブジェ
上海浦東国際空港

このメタルな人は、時々待ち合わせスペースの椅子にも座っていました。
そして国内線の数少ないお土産屋さんには、上海蟹が。

上海蟹

季節はもう少し先と聞いていましたが…
店によって値段が桁違いなのは、ブランドか産地か何かの差なのでしょうか。

中国国内線では珍しいということですが、定刻通りに出発して定刻通りに到着し、そのまま宿泊する北京昆侖飯店にチェックイン。

北京昆侖飯店

ここでかなり前にはなりますが同じ部署でお世話になった、現在北京に赴任中のSさんに迎えに来てもらい、食事に連れて行って戴きました。

萬火

ホテルからそう遠くはないところにある萬火
焼鳥とワイン、西洋料理が組合わさったお店。

萬火

西洋から来ていると思われるお客さんも多く、賑わっていました。
Sさんの頼むままに食べたら、食べすぎました… ワインも美味しかった~

上海にもお店があるそうで、場所を聞いたら家からは結構離れたところではありますが、一度行ってみようかなぁ

Sさん、急なお願いにもかかわらずお付き合いいただいてありがとうございました!

上海到着

とどろきアリーナでのミニバス新人戦を男女1試合ずつ観戦した後、成田空港から上海浦東国際空港へ。
上海に戻ってきました。

空港のタクシーステーションは夜だというのに長い列。
ピーク時に比べるとマシな方とのことですが、家までタクシーで1時間ほどかかるので、飛んでいる時間より日本と上海での陸の移動時間合計の方が長いという…

上海浦東国際空港

あまり買物に走った気はしないのですが、帰りの荷物は結構な量。
ま、ほとんどが引越ししてから使う予定の物なのですが。

ミニバス新人戦

とどろきアリーナのサブアリーナで、集と和のミニバス新人戦

上海に戻る便を夜にしても試合日程の都合で男女1試合ずつしか見られなかったのですが、久しぶりのミニバスの試合、楽しく観戦できました。

5年生以下が対象の新人戦ですが、5年生以下が7人しかいない女子チーム、3年生の和も戦力とならないと試合になりません。
一人で状況を打開するような技量は持ち合わせていない和ですが、速攻からのレイアップ、得意のミドルシュートなど確実に決めて6得点(驚いた…)。

NAGOMI

試合も36点差で快勝!!
5年生・4年生も成長していましたし、和もなかなかサマになってきたような気がします。

NAGOMI

見れなかった2試合目、今度は50点以上差をつけての勝利だったとのこと。
他のチームのメンバー構成は分かりませんが、人数少ないこのメンバーでよく頑張りました。

NAGOMI

一方の男子は、この日の総勢16人。
上級生の試合にも主力となっている集たち5年生がそろって出場した1Pは大きく点差をつけて終わるも、全員出場という監督の方針で送りこまれた経験の少ない5年生や4年生以下だけで出場した2P・3Pではほとんど試合にならず、逆転されるばかりか30点差をつけられての最終ピリオド。

TSUDOI

まだ1人出場していないメンバーがいたので、スタメンで4Pに出場したのは集を含めて4人だけ。
それでも全く諦めている様子はなく、こんな絶望的な点差でも『逆転してやる』というオーラをビシビシ感じるような気迫のプレーでみるみる点差を詰めていきました。

TSUDOI

監督も「点を入れられたら追いつけないから、絶対入れさせるな」と喝を入れ続ける中、「もしや」と思わせましたが、やはり追いつくには差が大きく、残念ながら敗戦。

こんなに必死のプレイはなかなか見ることがなかったから、それを思い出させるための監督の作戦だったのでしょうか。
普通にやって普通に勝つような試合が続いていましたからね。いい薬。
集も試合後、足が痛くなったようで、マッサージしてもらっていました。

TSUDOI

これまた見れなかった2試合目は、さすがにピリオドごとのメンバー編成は変えながらも全員出場し、今度は勝利。
主力が格ピリオド2~3人出ていればなんとかなるってのもすごい。

6年生に絶対的エースがいるので、そのエースがいない中でどんな試合をするのか楽しみにしていましたが、みんながみんな違った持ち味を発揮するいい試合だったと思います。
楽しかったぁ。また見たい。

ミニバス自主練

今回の日本出張は上海帰りを日曜日にしました。

一日休みの土曜日、ミニバスチームで体育館を借りて自主練。

TSUDOI & NAGOMI

自主練といっても、ほとんどのメンバーが参加していたのではないでしょうか。
集と和は少し上達したような変わらないような!?

そして明日は新人戦ということで、6年生+父親チームが5年生以下と対戦するミニゲームをやったりと、自主連ならではのメニュー。

子供達より親が喜んでいたりして。

久々のバスケ

今回の出張はこの日の打合せで全ての業務が完了。

会社帰りには久しぶりのバスケットの練習に参加することが出来ました。

その前に大井町をぶらぶらしながら買い出しも。

大井町

練習の後は、恒例の飲み会。

大井町

飲み会の参加人数は多くありませんでしたが、久々のバスケ、ボロボロでしたが楽しめました~

俺の魚をくってみろ

台風の影響を考えて急きょ月曜日のフライトに変更した日本出張。

結果的には火曜日に台風の影響は全くなく、フライト変更しなくても問題はなかったのですが、火曜日一日資料の最終見直しが出来たので助かりました。

自分にとっては初めてのビジネス部門での発表となった水曜日の審議会も無事に終わり、懇親会の後は蒲田で前任者のT君と合流して二次会。

今日は朝から建物を行ったり来たりの打合せの後、夜は赴任前に所属していた部門で、欧州赴任中でちょうど出張中だったT君と一緒に懇親会を開いてもらいました。

俺の魚をくってみろ

I君は相変わらず忙しく疲れているようで、途中で

忙しい中、ありがとうございました。
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂高二
    集:ペナン生♂小六
    和:日本生♀小四
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター