公立高校合格!!

いよいよ運命の奏の(第一志望である)公立高校入試の合格発表日

朝は中学校にふつうに登校し、同じ学校を受験した生徒達で集団で高校に発表を見に行くというならわしのようです。

高校では受験票を見せて、合否判定の封書をもらい、合格と書いてあれば入学手続き書類一式をもらいに行くのだとか。
不合格の生徒はそこでお別れ。
光景を想像するとちょっと厳しい…

奏は緊張感が全くなく登校していきましたが、会社では朝からドキドキでした。
そんな中、思っていたよりも早く、昼ごろに「合格」連絡が

いやぁ~ホッとしました。
会社の帰りにケーキを買ってお祝いです。

合格祝いのケーキ

思えば、夏前には某工業科の高校にとても興味を持っていて、普通科にするか工業科にするかで何度も話し合いを行いました。
結果は高校は普通科に進み、大学を選ぶときにもう一度考えることで落ち着きましたが、奏の中2の内申点では思いのほか厳しそうで、目線をかなり下げての高校選びのスタートとなりました。

部活を引退したあたりから勉強にも(少し)熱が入りだし、ほぼ毎日塾に通っているうちに模試の成績も伸び始め、目線がだんだん上げられるようになって、最終的には漠然と最初に考えていた志望校にチャレンジできるまでになり、そして内申点のハンデはあったはずですが、見事に合格。

高校に入っても続けると言い続けていたバスケットも、この高校なら楽しく厳しくできそう。

本当によく頑張った。おめでとう。
楽しい高校生活を送ってね。

フィールドアスレチック

潤がバスケの試合に出かけた裏で、薫と集と和は当日朝に思い立ち、横浜つくし野フィールドアスレチックへ。

フィールドアスレチック

2年半前に来た時は集が今の和くらいということか…
その時は薫がサポートに走り回りましたが、集はもちろん、和も全部自力で出来るようになっていました。

フィールドアスレチック

フィールドアスレチック

二人ともアスレチックのある幼稚園で鍛えられた成果ですね。

10,000円ちょうど

学芸大学駅から数分のところにある碑文谷体育館で目黒区のバスケの試合。

シニアの試合なのに人数も集まらず結構体力的にきつい中、まともにオフェンスすることもできない展開で惨敗でしたが、それでもその後の飲み会で楽しめるのが大人のバスケチームの魅力の一つです。

昼間からビールが飲める中華屋さんで一次会の後、(試合後)女子の応援をしていたメンバーと合流するため、学芸大学駅前の庄やで二次会。

今月限りのサービスで、一品おつまみをオーダーするとその後のハイボールがずっと100円という特別企画にのっかり、低料金で楽しむことができました。

そしてその二次会の会計がなんと

飲み会会計

ちょうど10,000円
消費税もかかる中、奇跡的。すごい。しかも6人で。

四人で新横浜公園

こども会の打合せ(?)に出席する集以外の四人で、先日は集と行った新横浜公園でバスケの練習。

新横浜公園

全てのコート(リング)が使われていましたが、そんなに混雑はしておらず、女子高生(かな?)のペアに仲間に入れてもらってシューティングすることができました。

受験が終わってバスケがしたくてうずうずしていた奏も楽しそうですが、久しぶりのせいかシュートフォームがバラバラ。
高校でもバスケ部で頑張るなら、入学までに少し体も絞らないとね。

そんな奏とフリースロー対決して、低レベルの激闘の末に敗れてしまった自分は何も言えませんが。

奏 富士急ハイランドへ

FUJIYAMA公立高校の入試も終わり、奏は中学校の卒業遠足富士急ハイランド

絶叫マシンが苦手な奏は、「友達に誘われてFUJIYAMAに乗ったけど、やはり怖かった」と"楽しそう"に話していました。
いい思い出となったことでしょう。

ところが、昼食代を含む現金が入った財布を紛失したそうで、本人はロッカーに入れたのに消えていたと、さも盗難にでもあったような口ぶりですが、奏の普段の行動を考えると、どこかに落としたという可能性も高いのでは。
(もちろん真相は分かりませんが)

先生にお金を借りて、遊園地側には紛失の届けをしてもらったそうで、学校には迷惑をかけてしまいました。

もうすぐ公立高校の合格発表なのに、『落とした』とは縁起でもない。
これで落ちて困るものは全て落ちたのだと、前向きに考えますか…

連日終電

昨日は昨年まで我々のトップマネジメントだったIさんと、今年の業績見通し報告を兼ねて(?)五反田の某所で飲み会。

異様な盛り上がりを見せ、何度か店の人に「閉店です」と伝えられたのに少し居座り続けてしまい、ご迷惑をおかけしました。
そしてIさんを見送った後、残ったメンバーで二次会。
終電までほとんど時間がない中で一杯飲み、「もう一杯いこう!」という上司を説得して店を出て、ぎりぎり終電で帰りました。

そして今日はマレーシアに赴任するM君他数名の、部の歓送迎会をまたもや五反田で。

現トップマネジメント含む30名弱と、昨日とメンバーは違うものの、やはり盛り上がりを見せて二次会に突入。
終電時間が迫っても全く帰る気配のないメンバーを見切った数人で、これまた終電まであまり時間がないのに魁力屋でラーメン。

魁力屋

…さすがに二日連続はこたえます

ミニバス交歓会

今年度最後のミニバス交歓会(男子)。

6年生にとってはミニバス最後の公式戦で、野球と掛け持ちしているため普段は試合に参加できないことが多かった子も含め全員集合した試合。
気合が入ります。

交歓会

そんな試合に水を差すようなプレイをすることは許されない4年生軍団の先陣を切って、集は2試合とも最初の1Pに出場することになりました。
本人は特に緊張感もなく、試合に出られるだけで嬉しいようですが、見ている方としてはドキドキです。

交歓会

そんな(親の)緊張感の中、1試合目、集は開始早々に相手チームが自ゴールにシュートを放った(オフェンス? ディフェンス?)リバウンドを取ってチーム初得点となるレイアップを決める大仕事。
速攻のチャンスを逃す場面もありましたが、1P、そして序盤のリードに十分貢献できたのではないでしょうか。

交歓会

ただ、チームとしては4Pにまさかの大逆転を許してしまい、悔しい敗戦となってしまいましたが。
本当の最終戦となる2試合目はずっとライバルの隣町チームと負けチーム同士での試合となりました。

2試合目は得点こそありませんでしたが、他2人の4年生ともどもよく走り、きちんと上級生で固めた最終ピリオドにバトンを渡せたのではないでしょうか。

交歓会

そんな最終戦、接戦をものにして勝利で締めた6年生。
集と和がお世話になりました。

新チームは現5年生の人数が少ないので、今年は上級生試合に出場することがなかったメンバーも含め、現4年生が主力のようなもの。
厳しい戦いが続くでしょうが、鍛えられそうですね。

豚子新地

高津スポーツセンターで行われたミニバス交歓会、一試合目に皆が茫然とするような逆転負けを喫し、失意の昼休み。

和と二子新地駅近くにある豚子新地へ。

豚子新地

カウンター数席と二階に数席しかないこじんまりとした店ですが、時間が少し早めだったので待つことなく座ることが出来ました。

豚子新地

えごま豚使用のトンカツにトンテキで、『次の試合は勝つ!』

NAGOMI

ご飯は普通盛りでも結構な量。
豚も美味しく、地方の塩も数種類用意されていて楽しいお昼を過ごしました。

頑張ってくれよ~

新荘園で懇親会

主催する製造系の事業計画審議会があり、その懇親会が昨年オープンした大崎ブライトタワー新荘園で開催されました。

いつも思うことですが、旧品川総合体育館にバスケットの試合で来ていた20年前(?)に比べると、大崎駅周辺はずいぶん変わりましたね~

大崎ブライトタワー

社長の希望で(中国からの出張者を無視して)中華レストランを選択したのですが、結構いい料理が出ていたはずなのに思い出は酒ばかり。

それでもフカヒレの姿煮はしっかりいただき、さらに幹事の特権で余りをお土産に戴いてしまいましたが。

フカヒレ姿煮

二次会で場所を移動するのが面倒だと、延長料金を払って5時間ひたすら居座ることになり、終わるころにはみんなフラフラ。
会計後に店を出たときには誰も残っていませんでした。
既に帰ったか、三次会に出かけてしまったということでしょう。

最後まで残った、一緒に幹事を手伝ってくれた若手のY君と中国から訪れたIさんと一緒に、『コーヒーでも飲んで帰ろう』と駅に歩き始めたはずなのに、なぜかBritish Pubで三次会。
またお酒。

どうしてコーヒーがビールになったのか、だれも覚えていません…
飲みすぎたぁ

怪しい出で立ちで試験へ

いよいよ奏の公立高校学力試験日

隣の駅で待ち合わせて、同じ学校を受けるみんなと集団で会場に行くということなので、駅まで車で送って行きました。

車内で塾のハチマキを締め、マスクをしたいでたちはかなり怪しい…

KANADE

まさかこのまま出ていくのかと思ったら、さすがに車を降りるときには外していましたが。

さて、肝心の試験では、数学がいつもより出来なかったようで、少々ショックだったようです。
他の教科はまぁまぁだという自己採点ですが、もともと内申点ではハンデがあるのでどうしても不安になります。

ところが本人は全く意に介さず『終わった~~』とはじける気満々。
明日、まだ面接が残っているのですがね。

発表日まで心配で仕方ないのは親ばかりのようです。

一日遅れのバレンタイン

この日のミニバス練習日にあげるため、和と薫が昨日から作ったバレンタインのチョコレート。

Valentine

大好評でご満悦。

セラフィット

我家の大小フライパンがダメになってしまって買い替え。

いろいろ種類があり過ぎてよく分からないので(!?)、話題のセラフィットを購入。

セラフィット

集と和は『卵が飛ぶ』と、ワクワク。

餃子

卵より先に、餃子を作りましたが。
さすがにまったく焦げ付くことなく、快適で薫は大満足。

いつ卵を飛ばす!?

バラバラの土曜日

薫は日帰りで実家、奏は最後の追い込みで塾、集はミニバス友達とバスケの自主練、とみんなそれぞれ出かけていってしまったので、残った和と二人でモスバーガーでランチして公園へ。

NAGOMI

シャボン玉、縄跳び、そして遊具遊び。

NAGOMI

夕食は惣菜買って済ませました。
手抜き。

フレッシュ大会からのダブルヘッダー

ホームコートで行われた集と和のミニバスのフレッシュ大会

4年生以下対象のこの大会、集たち4年生にとってはとうとう最後の試合になります。
そして上級生の試合にも出場している集を含む4年生四人衆にとっては、試合慣れをしていない同級生や下級生を引っ張る役割も求められます。

TSUDOI

1試合目は、各ピリオドその四人が比較的分散して出場しながらも、序盤から点差を離して快勝。

2試合目は、四人がそろってスタメンとなった1Pで20点の差をつけるというロケットスタートを果たし、余裕でそのまま逃げ切っての勝利と、最後のフレッシュ大会を2連勝で終えました。

点差が離れたこともあってか、最初からその予定だったのか、普段試合に出場する機会の少ないメンバー中心となり、公式戦初得点の子も。
来年度、再来年度、みんながどう成長してくれるか楽しみですね。

NAGOMI

始めたばかりの6年生も交えて6人で臨んだ女子の中で、今回も最年少で出場の和は、思ったようなプレイができず悔しそう。
自分で突破することが全くできていないなど、スピードが課題ですね。

昼には男女2試合ずつの試合が終わり、今度は急いで自分の港北区の試合へ移動。
着くのは試合開始時間ギリギリかと思っていたのですが、試合の進行が遅れ気味だったこともあって、アップから参加できました。
そのおかげか、珍しく(?)5点を取って、ほんの少し勝利に貢献できたでしょうか。
前半は両チームに流れが来て3点差という接戦になるも、3Pで一気に点差を離しての快勝でした。

そして港北の後は目黒区の試合。
この年齢でダブルヘッダーは厳しい…のですが、2チームに分けて試合するほど層も厚くありません。
こちらの試合も4点差で勝利でこの日は2連勝。

集と和の試合を合わせると我家で5勝1敗で、新人戦の時とは大違いですな。

八十八

一日バスケ三昧だったこの日の締めは、西小山八十八で打上げ。
我家もそうですが、うちのバスケチームも女子や一般と一日試合だったのでした。
お疲れ様。

私立高校合格

奏が昨日受験した私立高校の合格発表が朝10時からWEBで行われました。

試験の翌朝とは、なんというスピード感。
朝からミニバスの試合で外出していても、スマホで確認することが出来て便利。

とはいえ、奏が確認する前に見てしまうのも無粋なので、奏の報告を待っていると、無事に「合格」の連絡

合格発表

良い結果を信じていたとはいえ、ほっとしました。

これで二次募集を受けたり、浪人するようなことはなくなり一安心。

それにしても、受験番号とパスワードを入れると「合格」と出るだけの発表というのも味気ないですね。
自分の番号を探すようなワクワク感もありません。
合格したから思う贅沢なのでしょうが。

私立高校受験日

神奈川県公立高校の志望変更は一昨日に締め切られ、最終競争率が決定ましたが、奏の受験する高校は数人の変動があっただけで一次競争率とほとんど変化がありませんでした。

20160210.jpgその数人が動いただけなのか、プラスマイナスがたまたま小さいだけで入れ替わりは大きかったのかは分かりませんが、いずれにしても競争相手は少なくない。
泣いても笑ってもあと一週間。本当の最後の追い込みです。

そして、この日は私立高校の受験日
朝、早く行くと言っておきながら、だらだらと結局ゆっくりめの出発をする奏、いい加減というか、肝が据わっているというか…

試験が終わって帰ってきた奏は自信満々。
まぁ、公立高校に失敗した場合はこの学校に入学するという条件で優遇を受けているところがあるので、不合格だととても困るのですが、親はそれでもドキドキしてるのに…
よっぽど手応えがあったのか、何も考えていないのか。

ま、明日の朝には結果が出るので、それまではよい結果を信じながらも落ち着きませんね。
…親は

ミニバス 新人戦

ミニバスは5年生以下対象の新人戦

男子は5年生が二人しかいないので、6年生の試合にも出場している集たち4年生四人衆が主力として計算されるのはもちろん、他の3・4年生も戦力として数えられます。

TSUDOI

1試合目は勝利したものの、集の出来はあまりよくなく、本人としては悔しい結果に。

奮起して臨んだ強豪相手の2試合目、1Pは相手がセカンドユニットできたこともあってリードはしましたが、相手の主力が出てきた2Pにこちらもほぼスターティングメンバーをぶつけることになりました。

TSUDOI

実力の差が普通に出て、2Pで逆転され、集をはじめとした主力メンバーが出られない3Pには試合にならないような圧倒的な力の差で大差をつけられ、そのまま敗戦。
主力中心で臨んだ4Pもかなりやられ、差は歴然でした。

そのせいか集個人も消極的なプレーが目立ち、監督に「積極的にいけ!」とはっぱをかけられ、果敢に突っ込んでいくもつぶされる状況。
他の4年生もことごとくつぶされ、ボール運びもままならない状態ではありましたが。
少しは刺激になったかな。

NAGOMI

和は1試合目の2P、2試合目には2Pと3Pに出場させてもらえ、それぞれの試合で1ゴールずつを挙げるという快挙。
とはいえ、上級生相手、それもかなり上手い子のマークになったときには、ディフェンスは素通り状態でボロボロでしたが…
あれはうちの上級生でもなかなか、という子だから仕方ないかもしれませんが、もう少し抵抗できるディフェンス力が必要ですね。

TSUDOI

再来週の交歓会が6年生にとっては最後の試合となり、その後はこのメンバーで戦っていくことになります。
サイズが小さいのは苦しいですが、精一杯頑張ってほしいですね。

戸越体育館

子供たちの試合の後は、品川区の自分の試合。
新ユニフォームのデビュー戦は残念ながら負け試合となりました。
個人的にも集どころか和よりも得点が少ない始末…

集と和の試合と合わせて、この日は家族で5試合戦いましたが、1勝4敗。
集たちが1試合目に勝っただけ。

新横浜公園

いつも練習に行くミニバスゴールのある公園が閉鎖中なので、みんなで遠征する予定だった集。
待ち合わせ場所変更の連絡が徹底されなかったようで待ちぼうけを食らって、泣きながら帰ってきました。

仕方なく他のバスケットゴールを求めて、二人で新横浜公園で練習です。

TSUDOI@新横浜公園

4面(8ゴール)もあって広々したバスケットコートで、1つのゴールをほぼ自分たちだけで使うことができました。
一般の高さなのが少し残念ですがね。

TSUDOI@新横浜公園

帰りに少し初めて訪れた日産スタジアム(外周)を見学。

日産スタジアム

日産スタジアム

フードコートはかき氷のシロップがかけ放題。
しかも種類がいっぱい。

日産スタジアム

集は家に帰ってからも、奏に教えてもらって、また練習。
さて明日の試合に活かされますか!?

魚金の会 勢力拡大

恒例の昔の某プロジェクトで一緒だった、コンサルタント会社の方を含むメンバーで開催する魚金の会

前回は幹事が機能せずに会場が魚金ではないという、何の会か分からない状況でしたが、昨年末に帰任した名幹事K君のおかげで無事に今回は五反田・煮炊魚金"2016春節の会"を開催することが出来ました。

煮炊魚金

途中で抜けるはずだったバスケの練習が、人数少ないせいで抜けられずに遅れての参加となりましたが、今回は大盛況で上海赴任中のN君や愛知県に単身赴任中のYさんといった、なかなか参加できない人たちに加えて新しい顔ぶれも。

そのMさん(女性)、店に到着するなり『イギリスで職場が一緒でした』と
…ごめんなさい、覚えてません

名前を思い出せないのはよくあっても、お会いした覚えもないという失礼な失態はあまりないつもりなのですが、名前を聞いても思い出せません。
聞けば同じフロアとはいえ離れた部署、赴任が重なった期間も短かったそうではあるのですが、それにしても失礼しました。

開催継続が危ぶまれた(?)魚金の会も、ここにきて勢力拡大。
まだまだ続きそうです。

公立高校出願一次締切

昨日、県内の公立高校出願の一次締切となり、各校の受験倍率が発表になりました。

奏は12月三者面談時点での志望を貫き、その高校に出願しましたが、この学校は昨年よりも受験倍率が上昇。
数字だけ見ると「結構高いな」というのが率直な印象です。
近隣の高校のほとんどに同じことが言えるのですが。

学校説明会

来週の月曜日迄に志望校の変更が可能なのですが、奏はこのままにするつもりのようです。
内申点が低めなのが気になることはなるのですが、塾の先生などに意見を聞いても、変更の必要はないだろうとの心強いお言葉。

現時点で倍率がこれだけの数字であれば、最終的にさらに上昇することもないでしょう。
そもそも倍率だけ見て回避する先もない(対象広げてもみんな高い)し、回避しておいて万一不合格にでもなったら後悔しきれません。

さ、覚悟は決めたのだから、あと2週間頑張れ!
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂高二
    集:ペナン生♂小六
    和:日本生♀小四
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター