小学校学習発表会

集と和の小学校の学習発表会

4年生(集)と2年生(和)は続けて体育館での発表です。

4年生は創作劇『幸せの四つ葉のクローバー』と各クラスの合唱。
TSUDOI

創作劇での集は、火事を発見して主役に状況を説明する野次馬(?)の役。
大きくはっきりと、いい声で『火事だ~!』と叫ぶことが出来ました。

2年生は国語・生活・音楽・体育のグループに分かれての発表と全体合唱。
和は一昨年の集と同じく、体育のグループで跳び箱と大縄跳びを披露しました。

NAGOMI

台上前転を決めた集とは違い、跳び箱をまともに飛ぶことが出来なかった和
ま、本人が満足そうだからいいか…

一宮・稲沢出張

一泊で一宮・稲沢へ出張。

昨日は午後に会社を出発し、夕方暗くなった頃に一宮に到着。

一宮

倉庫を視察し、名古屋に戻って懇親会に出席。
二次会、三次会と出かける皆様をまいて(?)、早々にホテルで休みました。
明日の会議は主催なのでしかたありません(言い訳)

名古屋

朝食に小倉トーストを食べ、無事に会議をこなした後は、名古屋駅で食事…とも思ったのですが、どこも混んでいたのでひつまぶしの弁当とお土産を購入し、駅弁を食べながら帰宅しました。

お弁当でしたが、ひつまぶしは美味しかった!
でもちょっと残念。

誕生日

誕生日、(自ら)ケーキを用意して、ミニバスと塾から帰って来る子供たちを待ってお祝い。

誕生日

集と和は誕生日プレゼントを用意してくれていました。

誕生日

月曜で疲れているのにありがとう。

親子運動会

町内会の親子運動会

リーダー研修生の集(次男)は自分も競技に参加しながら、お手伝い。
人数が少なく大変そうでしたが、頑張りました。

親子運動会

いつものように、競技に参加すると参加賞が出るので、家族みんなで片っぱしから参加です。

親子運動会

午前中最後の競技は1.5kmマラソン。
(潤は足の調子がイマイチのため辞退)

親子運動会

薫が他のママさんを置き去りにしてダントツ(ショッピングマラソンなので順位はありませんが)。
集は6年生に一歩及ばず高学年男子2位、和(長女)も予想外の低学年女子3位という意外な好成績

親子運動会

パン食い競争では集達が走ってきたときにまだパンの用意が出来ていないというアクシデントはありましたが、いっぱい賞品をもらったところで最後の競技、色別リレーへ。

ここでも5番走者の和を始め、前半上位でねばって首位に立ったところで、中盤の薫と集で2位を完全に置き去りに。
そのまま大差のトップとなりました。
3人とも大活躍!!

親子運動会

競技の後は、集が太鼓をたたいてダンスタイム。

親子運動会

親子運動会

そして抽選会では薫がタコ焼き器をゲット。
最後まで大活躍でした。

2年連続で1位は内野手

2015年のプロ野球ドラフト会議が行われ、千葉ロッテマリーンズは今年も7人の選手を指名して交渉権を獲得、更に育成ドラフト会議でも2人の選手を指名しました。

①平沢 大河 内野 仙台育英高
②関谷 亮太 投手 JR東日本
③成田 翔  投手 秋田商高
④東條 大樹 投手 JR東日本
⑤原 嵩   投手 専大松戸高
⑥信樂 晃史 投手 宮崎梅田学園
⑦高野 圭佑 投手 JR西日本

育①大木 貴将 内野 香川オリーブガイナーズ
育②柿沼 友哉 捕手 日本大学国際関係学部

ドラフト

クルーズの去就が微妙ということでしょうか、1位は内野手の平沢選手。
楽天イーグルスと競合の末に引当て、これでこの10年はドラフトの抽選8勝3敗となりました。
そのうち、2球団での競合は6度ありましたが全勝です。意外に強かった。

3位で同じ東北から甲子園で活躍して人気の成田選手も指名できてなかなかいいドラフトとなったのではないでしょうか。

少々投手に偏り過ぎたためか、育成では内野手と捕手を指名。

さて、この中から何人が一軍で中心選手として活躍してくれるでしょうか。
楽しみです。

Stone Soup

和のリトル歓迎会の後、集と和は英語教室のHalloween Party

TSUDOI & NAGOMI

歌って踊って、グループでの英語朗読。
二人とも落ち着きがなく、少しふざけ過ぎでしたが、朗読はなんとか頑張れました。

TSUDOI & NAGOMI

朗読の後は、今回のパーティーで最大のお楽しみ、Stone Soup作り。
教材で習ったStone Soupを実際に作ってみます。

TSUDOI & NAGOMI

集は水の入った鍋を運んで火の番。和は野菜を切るのを手伝いました。

TSUDOI & NAGOMI

何人か手伝ったお母さんたちのおかげで、美味しいスープの出来上がり。
Stone Soupといっても、石を入れるだけなのですがね。

ただ、作りすぎてとても食べきれず、持ち帰りになりました…

リトル交歓会

1~2年生が対象のミニバスのリトル交歓会
うちのチームで唯一の対象者が和です。

当然1人ではどうにもならないので、4人しかいない他チームと合同チームを組ませてもらっての参加となりました。
(合同チームというよりは1人入れてもらった感じですが)

NAGOMI

流し5分x3Pの試合を2試合しましたが、和の得点はFG 5/7 FT 2/2の12点
チームの総得点のほぼ半分、2試合目に至っては全得点を稼ぎました。

スピードや高さがあるわけでは全くないのに不思議ですが、ファールされても体勢を戻してレイアップにもっていったり、リバウンドを取ってからのドリブルでターンしてのシュートを入れたり、随所にいいシュートがありました。

病み上がりのせいか、最後は体力が切れたかのように疲れた顔をしていましたが…

NAGOMI

試合後の全員参加のフリースロー大会でも、昨年の2位に続いて3位を獲得
集より、いや父よりも入るではないの…

NAGOMI

たった1人のチーム代表として、少しだけ目立ってきました。

中学校文化祭

奏にとって中学校最後の文化祭。

3年生の美術作品は"癒しのレリーフ"と"漆器"。
繊細でカラフルな作品が多い中、美術系は昔から淡白な傾向の奏らしい作品…

文化祭

運動部の奏に特に出番はありませんでしたが、工学部のエコカーや科学部の研究のレベルの高さには驚かされました。

CS Final Stage敗退

14日に始まったクライマックスシリーズ ファイナルステージ
千葉ロッテマリーンズは今シーズン圧倒的な強さでパ・リーグを制した福岡ソフトバンクホークスと対戦しました。

1戦目はHawks先発の武田から三回表に2点を先制するも、Marines大嶺祐がすぐさま柳田に本塁打を浴び同点に追いつかれる展開。
その後は藤岡-益田-松永-大谷で9回まで1安打しか許さない完璧な継投の間、Marinesがチャンスを作り続けるも活かしきれず延長戦に突入し、十回裏に内が先頭の上林に振り逃げを許したのをきっかけに2-3xでサヨナラ負け。
ずっと押していたシリーズ初戦を相手が勢いづいてしまいそうなサヨナラで落とし、アドバンテージを入れて0勝2敗いう厳しいスタートになりました。

2戦目のMarines先発は古谷。
この試合も五回まで1-1という競った展開になりましたが、六回に前日サヨナラ打を放った内川にタイムリー、リリーフの益田も連打を浴びて5失点。
後半はHawksリリーフ陣に完全に抑えられ1-6で連敗、あっという間に王手をかけられてしまいました。

そして今日の3戦目、Marines先発の石川は三回にまたも内川の先制打に続き、李大浩に本塁打を浴びて3失点。
その後は松永・大谷も含め、ピンチを作りながらも0点に抑えましたが反撃も届かず、1-3で試合終了。
三連敗でシリーズ敗退となりました。

残念ですが今年の力の差そのままという感じですね。

Jack O' Lantern

5年周期というジンクスも終わったので、来年優勝を狙っちゃってください。

馬絹神社例大祭

集と和が馬絹神社の秋季例大祭でお神輿に参加。

秋季例大祭

今年も大賑わい

CS 1st Stage突破

この三連休、千葉ロッテマリーンズクライマックスシリーズ ファーストステージで5年ぶりの下克上日本一をかけて2位の北海道日本ハムファイターズに挑みました。

10日の1戦目は先制されながらも、今季投手3冠に輝いたFighters大谷を攻略し逆転。
Marines先発の石川が味方の好守に助けられながら5回を2点に抑え、その後は松永-益田-大谷-内の継投で9-3で勝利。

Marines

王手をかけた11日の2戦目は逆にMarinesが先制、追いつかれた後もすぐに勝ち越し。
1戦目同様、先発のチェンが5回を投げ切った後、6回から松永-益田-大谷とつぎ込んで逃げ切りを図りましたが、8回裏に大谷が逆転を許し、そのまま2-4で敗戦。

そして1勝1敗のタイで迎えたこの日の最終戦は、Marinesは最多勝の涌井が先発。
涌井は初回に先制を許すも、Marinesは2回表にすぐに井口の本塁打で同点に追いつくという展開。
1-1で迎えた3回裏、無死満塁という絶体絶命のピンチを涌井が気迫のピッチングで0点に抑えた後は、荻野貴のスクイズ失敗などもあり、こう着状態に。

そんな中、7回表にデスパイネがバックスクリーンへ特大の勝ち越し本塁打を放つと、その裏に涌井が招いた1死一・二塁のピンチも松永が見事に抑え、昨日と同様8回裏に登板した大谷が連打で1死一・三塁を招き、前日の逆転負けが頭をよぎったところで内が好救援で0点に抑え、そのまま1-2で逃げ切りました。

あのまま大谷が逆転されたりしていたら、この三連戦の敗戦投手が大谷(F)・大谷(M)・大谷(M)となるところでしたが、激戦の末にファイナルステージにコマを進めたのはMarines。
Hawks戦も楽しませてくれよ~

和 発熱

昨日の試合を反省して(?)、ミニバス仲間と練習に出かけた集。
和は自転車でついていかせるのは厳しいので、あとから車で送って合流させました。

TSUDOI

楽しくやるのはいいんだけど、もう少しきちっとやらないとフォームが乱れたままになるゾ…

途中、休憩といって遊具で遊び始めましたが、少し経つと和が自分から『疲れたから帰る』と言い出しました。

TSUDOI & NAGOMI

珍しいなぁ、と思いながら帰ると、昼ごはんもそこそこに昼寝。
夕方にはとうとう熱が出てきてしまいました…
前期皆勤賞だったのに、後期いきなりのピンチ!?

※翌朝には熱は下がって元気に登校できました

港北区大会開幕&ミニバス

今年度の港北区の大会が開幕。

Basketball

一年で一部に復帰しての初戦は前年度チャンピオンチームが相手でしたが、新加入メンバー(若手!?)の活躍もあって見事勝利。
相手チームは主力メンバーがそろっていなかったのかもしれません。
これが素人大会の恐ろしさですね。

個人的にはしょぼいシュート1本のみでしたが、チームとしてはいいスタートが出来ました。

一方、集と和はミニバスの練習試合。

TSUDOI

審判や床、天井がいっぱい映っている薫が撮ったビデオを見る限り、集は走ることはある程度出来ていたようです。
点も取ったようですが、どんなシーンかビデオからは全く分からず…

TSUDOI

5年生以下の試合だとそれなりに活躍する場面も出てきた集ですが、6年生の試合に入るとまだまだかなぁ。

NAGOMI

和も5年生以下の試合に出場機会あり。
走ったり、少しだけですがリバウンドにからんだりすることははできました。
ディフェンスの位置取りなどはまだまだですが、もう少しでプレイに絡める回数が増やせそうな予感。

懐かしの幼稚園運動会

和が行きたがっていたので、集と和が通った幼稚園の運動会を見に行きました。

2年ぶりの幼稚園の運動会、和は懐かしそうに、そして少し寂しそうに見ていました。

NAGOMI

昼休み明けの小学生が参加する綱引きには元気に参加。

NAGOMI

久しぶりに会った友達と遊んで、お世話になった先生にも仕事の合間を見つけて挨拶して。

まだ2年生の和はともかく、卒園して3年半経った集のこともよく覚えていてくれた先生たち。
嬉しいですね~

前期終了

奏の中学校も、集と和の小学校も2015年度前期の最終日。

もらって帰ってきた前期の学校での様子が書かれた通知表を見ると…

和は「しなやかな感受性と優しい心を持っている」、「ようやく基本的な生活習慣も身について、毎朝の宿題の提出や連絡ノートに書くことができるようになった」というようなことが書かれていました。
そして◎も5個(国語2つ、算数1つ、生活科1つ、体育1つ)。立派。

集は「クラスの友達を楽しくする工夫をたくさん考えた」他、勉強もいろいろ頑張っている様子が。
生活の様子では、思いやり・協力と勤労・奉仕に○をもらったり、学習の様子も◎を結構もらってきました。
全教科まんべんなくもらっておきながら、図画工作にはなしというのが集らしい。

集と和は前期は欠席ゼロでした。

受験に向けて内申点も気になる奏は、いままでよりはちょっとだけ上がって少しほっとしました。
「明るく活発に活動している」一方で「集中を途切れさせないこと」「提出物をしっかり出すこと」とのコメント。
相変わらず家での生活通り…

裏があるよりはいいけれど…いや、学校だけでもしっかりしてくれていればいいのに…

みんな、後期もがんばれ~

逆転でCS出場

クライマックスシリーズ千葉ロッテマリーンズ東北楽天イーグルスに延長戦の末6-3で勝利して2015レギュラーシーズン最終戦を終えました。

ほぼ年間を通して、時々貯金が出来てもすぐに借金生活に入るという勝率5割を切る位置で推移しながら借金が球宴明けに今年最大の7まで膨らみましたが、その直後から7連勝して一気に借金完済。
順位も5位から3位まで上げましたが、貯金3を作ったのを最後にその後は再び低迷したものの、最後の14試合を12勝2敗という驚異的な勝率で駆け抜け、最終的には73勝69敗1分 勝率.514で3位となり、2年ぶりにクライマックスシリーズ進出を果たしました。

今季のマリーンズ内での主な部門リーダー(○はリーグ順位)は
投手
勝利  涌井 15勝
勝率  涌井 .625③
防御率 石川 3.27⑥
セーブ 西野 34③
ホールド大谷32②
奪三振 石川 126⑥

野手
打率  清田 .317④
打点  クルーズ 73⑩
本塁打 デスパイネ 18⑧
盗塁  荻野貴 18④
出塁  清田.387⑤
犠打  鈴木24④

先発陣では移籍2年目の涌井が最多勝のタイトルを手にし、石川も球団では64年ぶりの新人から2年連続2桁勝利。
大嶺も自己最多の8勝、新加入のイ・デウンは中継ぎを経験する等、苦しみながら9勝、チェンは終盤見違えるように安定して5勝を挙げましたが、唐川は防御率6点台と不調、藤岡もほぼ中継ぎに徹することとなりました。
リリーフ陣は、終盤骨折で離脱したもののクローザーの西野はほぼ年間通して安定し34S。大谷もセットアッパーの地位を確立して32ホールド、松永と益田は復活気配、出遅れた内は西野故障の後、終盤の大事な時期にクローザーを務めて6Sを挙げました。

野手ではなんといっても清田の覚醒。月間40安打や23試合連続安打を記録し、一時首位打者に躍り出る活躍で初めて球宴にも出場しました。
あとは井口、福浦といったベテランや、新人の中村ら若手を上手くやりくりしながら乗り切ったというところでしょうか。
田村は3年目にして117試合に出場、正捕手に成長しつつあります。

2005年、2010年が日本一だったというだけで今年が5年周期のゴールデンイヤーというのもどうかとは思いますが、最低限、下克上に挑戦する切符は手に入れました。
法則を確固たるものにするためにも、日本一を目指しましょう!!

カップ戦

集は市内の高校で開催されたミニバスのカップ戦に参加。

カップ戦

男子チームは2試合2敗、しかも2試合目は1ゴール差という残念な結果になりました。

TSUDOI

集は上級生相手に頑張ったといえば頑張ったし、もう少し出来ただろうとも思えたし、とような出来。

TSUDOI

高校のコートなので、いつものリングより45cm高いのですが、入る子はよくシュートが入ります。
昨日の試合では、アップも含めて全く入らなかった自分が恥ずかしい…

集はシュートチャンスがあったものの逃し、父同様無得点でした。

高校公開授業

奏の受験する候補となるかもしれない某高校が、公開授業・部活動見学を受験生とその親にも公開。
せっかくなので奏と二人で見学してきました。

高校見学

在校生の保護者にも公開しているはずなのですが、そんなに人数のいない中、ほとんどが受験生とその親。
もっと大勢教室に入っているのかと思ったのですが、ほぼそんな人はいなかったので、外から各クラスと学校の設備を見学して回るだけでした。

ちらほら寝てる生徒もいましたが、そんなものですかね…

午後は部活動見学で、これまたそんなに人は多くなく、男子バスケ部を見学したのは奏のほかは2~3人。
奏は相変わらず、よかったのか悪かったのか分からない反応をしていましたが、本音はどうだったのでしょう…

ま、受けさせてもらえるレベルに入れるか、というのが一番の問題ですがね。
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂高二
    集:ペナン生♂小六
    和:日本生♀小四
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター