FC2ブログ

驚異のくじ運

Draft20192019年のドラフト会議が行われました。
今年も千葉ロッテマリーンズは事前に大船渡高の佐々木朗希投手の指名を公言し、その通り1位入札となりました。

今年のドラフトは殆どの球団が佐々木朗希投手を指名するのではないかと言われたり、そうでなくても星稜高の奥川恭伸投手、明治大の森下暢仁投手に集中するのではないかという予想が多かったのですが、結果的には佐々木投手に4球団、奥川投手に3球団、森下投手は広島1球団のみ。
DeNAが桐蔭学園高の森敬斗内野手を単独指名、東邦高の石川昂弥内野手にも3球団が集中した結果になりました。

昨年、藤原外野手を引き当てた井口監督が今年もくじを引きましたが、また見事に引き当てて佐々木投手の交渉権を獲得。
ここ10年で1回目の抽選で藤岡(現Giants)、#12石川、#13平沢と合わせ5回当てていることになり、さらに外れた時の2回目の抽選では伊志嶺(引退)、#28松永、#11佐々木千隼、#5安田と全て引き当てるという驚異的なくじ運。
このくじ運がシーズン成績に結び付くといいのですが…

2位は東洋大の佐藤捕手。捕手の中では最初の指名となったので、捕手を指名すると決めていたMarinesにとっては一番評価した選手を獲れたということになるのでシミュレーション以上の結果だったはず。
以下、高部外野手、地元千葉の高校出身となる横山投手、福田内野手と指名人数は少な目ながらもバランスを取った指名。
もしかしたら即使える投手が欲しかったかもしれませんが、各ポジション補強することが出来そうです。

いずれにしても、入団してからが勝負。Marinesを背負って立つ選手になって我々を楽しませてください。

①佐々木朗希 投手 右右 大船渡高
②佐藤都志也 捕手 右左 東洋大
③高部 瑛斗 外野 右左 国士舘大
④横山 陸人 投手 右右 専修大学松戸高
⑤福田 光輝 内野 右左 法政大

育①本前 郁也 投手 左左 北翔大
育②植田 将太 捕手 右右 慶応大



戦力外

千葉ロッテマリーンズから下記の選手と来季の契約を結ばないとの発表がありました。

関谷亮太投手、大嶺祐太投手、島孝明投手、阿部和成投手、高濱卓也選手、李杜軒選手、大木貴将選手、伊志嶺翔大選手

移籍の高濱選手を含めてかつてのドラフト1位が3人。
その高濱選手、大嶺投手と島投手の3人には育成契約を打診中とか。
(後日、伊志嶺選手は引退しコーチ就任の発表あり)

毎年数人は入れ替わるという厳しい世界。
ケガなどで実力を発揮できなかった選手も多いと思います。
ロッテに籍をおいた皆さん、これからも応援しています。

2019年シーズン終了

最終戦に惨敗するなど最後の最後で失速してCS進出を逃したMarinesですが、それからパリーグのレギュラーシーズン全日程が終了するまで1週間ほど待つことになりました。

69勝70敗と借金が1つだけというのは昨年からは大きな飛躍。
月別に見ても貯金か借金が毎月1というほぼコンスタントに勝率5割前後で推移したシーズンでした。
落ちそうで落ちなかったのはいいのですが、上がれそうなときに残念な試合を落としたという印象です。

Marines

今季のマリーンズ内での主な部門リーダー(○はリーグ順位)は以下の通り。
投手
勝利  石川・種市 8勝⑧
勝率  -
防御率 -
セーブ 益田 27④
ホールド松永 25⑦
奪三振 種市 135④
試合 益田 60⑨

野手
打率  荻野 .315③
打点  レアード 89⑦
本塁打 レアード 32⑤
盗塁  荻野 28④
出塁  鈴木 .373⑦
安打  荻野 160⑥
犠打  鈴木 13⑦

投手は開幕ローテーションがあっという間に崩壊。
その中で石川は終盤に復調、新人の小島も安定した投球を続けましたが涌井、ボルシンガー、有吉、ブランドンは散々な1年。
一方で途中から先発に回りチームトップの8勝を挙げた種市や、岩下、西野、佐々木、土肥らの来年への期待も高まりました。
二木も頑張りましたがこれまでからの上乗せがなかなか…来年一皮むけてエース格に成長することを期待です。

リリーフ陣も益田が不安定な時もありながら守護神として頑張りましたが、他は1年通して働けた投手がいなかった苦しい状況でした。東條、田中はそんな中頑張てくれた印象です。

打撃陣は休場が狭くなって本塁打が激増。
レアードと途中からのマーティンの加入も大きかったですね。
昨年ブレークした井上は不調不調と言われながら昨年と同じ24本塁打。打率と打点は落ちてしまいましたが。
開幕はスタメンではなかった荻野と鈴木の1、2番が打線をけん引しました。荻野は初めての規定打席到達。
ようやく1年間チームに貢献することが出来ました。
ただ、来年に向けては若手の積み上げがないと非常に厳しくなりそうです。

ドラフトも含め、どんな補強をすることになるのか。
補強ポイントはなかなか少なくなりません。

#THANK9

#9 FUKUURAMarinesの福浦選手の引退試合が行われました。
熾烈なCS進出争いをしている中での引退選手、しかも今年は戦力になっていなかった選手をフル出場させたことに賛否あったようですが、試合には勝利しCS進出に希望をつないで福浦選手の引退に花を添えることが出来、結果的にはよかったというところでしょうか。

2010年の日本シリーズに出場登録した現在もMarines所属の現役選手としては、大嶺(10/3戦力外通告)、大谷、唐川、内、細谷、清田しかいなくなり、一つの時代が幕を閉じた感じがします。
今の選手たちで、新しい黄金時代を作ってください。

(写真:オフィシャルサイトより)
#9 FUKUURA

福浦和也 通算成績
2234試合 7951打席 2000安打 118本塁打 935打点 10盗塁 打率.284

26年間、お疲れさまでした。

入れ替わって

昨晩上海に戻ってきたので、テレビ放映されて話題となっていた、『君の名は。』のCMで企業のロゴが入れ替わっている映像は本日見ました。

ロッテとソフトバンクが入れ替わっている。

君の名は。

プロ野球の順位も入れ替わってほしい(右側のように)。

2019年度交流戦

2019年度交流戦の全日程が終了。

MarinesはCarpとSwallowsに勝ち越したのみで、カード全勝も全敗もなく、合計8勝10敗。
ただ、これでもパ・リーグでは最下位というのが交流戦の怖さ。

荻野・鈴木の1・2番が爆発して、いい試合が多かったとは思うのですが、競り負けた試合が多かったイメージです。

交流戦

まだまだシーズンはこれから。巻き返せ!

4500勝

交流戦の最終カード、MarinesはSwallowsとの初戦に快勝して、球団通算4500勝なのだそうで。

4500勝

毎日オリオンズ 1950年~1957年 589勝
毎日大映オリオンズ 1985年~1963年 422勝
東京オリオンズ 1964年~1968年 328勝
ロッテオリオンズ 1969年~1991年 1384勝
千葉ロッテマリーンズ 1992年~2019年6月21日現在 1777勝

ということだそうなので、年数ももちろんありますが、Marinesとなってからの勝利が断然多いのですね。
意外。

ロッテローテ崩壊

清明節の三連休最終日。ということで上海に戻ります。

空港に向かう前にテレビで千葉ロッテマリーンズの試合を観ようとしましたが…先発の有吉が炎上、早々に諦めて消すことになりました。試合もそのまま完敗。

Marines

開幕戦に勝利の後は5連敗。福岡ソフトバンクに連勝しましたが今日惨敗で3勝6敗のスタート。
開幕ローテは石川・ボルシンガー・有吉・涌井・ブランドン・小島の6人でしたが、石川とボルシンガーは軽傷とのことですが故障で早くも離脱。新人の小島は2回8失点で即抹消。有吉は2戦連続の炎上で再調整が濃厚。まだ残っていますがブランドンも前回は2回5失点。
代わりに昇格した岩下と二木が頑張ってくれましたが、完全に開幕ローテの崩壊です。

長いペナントレース、たまたま最初にこんな状態になっただけ…ならいいのですが。
巻き返しに期待です。

2019マウエ↑

プロ野球2019年のシーズンが明日開幕。
井口監督の2年目のシーズンとなる千葉ロッテマリーンズは、ホームランラグーン設置などの改修のあった本拠地ZOZOマリンスタジアムで、昨年の機動力重視から戦い方がどう変わるのか。

スローガン通り、急上昇を期待して上海から応援します。

マウエ

発表された開幕メンバーは
【投手】12石川 19唐川 20東條 23酒居 28松永 29西野 52益田 58高野 63種市 86ボルシンガー
【捕手】22田村 39吉田
【内野手】4藤岡 7鈴木 8中村 13平沢 37三木 42バルガス 44井上 54レアード
【外野手】0荻野 1清田 2藤原 3角中 10加藤 25岡

注目は高卒新人で球団30年ぶり(89年前田幸長以来)となる開幕一軍を果たした藤原。
開幕戦先発を果たすと、球団では山崎裕之以来54年ぶり、最近では13年の大谷翔平以来プロ14人目になるのですと。
即刻大活躍できるほどこの世界は甘くはないと思いますが、期待は高まります。

開幕投手は石川。18涌井は2カード目に回るということで、開幕カードはボルシンガー、有吉と続くのでしょう。
昨年頭角を現してきた種市は中継ぎでスタートのよう。
昨年とは違い、2人の外国人打者がメンバーに入っていて心強い。
どんなシーズンになりますか。
一試合くらい応援に行けるかなぁ。

今年も強運発揮

2018ドラフト2018年のプロ野球ドラフト会議が行われました。
今年の千葉ロッテマリーンズは事前に大阪桐蔭高の藤原恭大外野手の入札を公表していて、その通り入札。
同じ大阪桐蔭高の根尾昂内野手や報徳学園高の小園海斗内野手を合わせた高校生野手3人に11球団の指名が集中するという珍しい年になり、藤原選手も楽天・阪神が競合、抽選となりました。

井口監督は選ぶ権利なく最後にのこった封筒を取り上げるだけだったのですが、それが見事に当たりという今年も強運を発揮して、見事に交渉権を獲得しました。
岡田選手・根元選手の引退、外野手の高齢化を考えると適切な補強ポイントだったのではないかと思います。

その後も、リリーフで即活躍が期待される東妻投手、左腕の小島投手、そして高校生の右の強打者山口選手と指名が続き、地元千葉の選手も指名出来て、全体的にバランスの取れた指名になったと思います。
個人的にはバランスが良い指名でよかったのか、徹底的に強打者や地元選手に行ってもよかったのではないかとも思いますが、これも球団の方針、入団する選手には活躍を期待します。

①藤原 恭大 外野 左左 大阪桐蔭高
②東妻 勇輔 投手 右右 日本体育大
③小島 和哉 投手 左左 早稲田大
④山口 航輝 外野 右右 明桜高
⑤中村 稔弥 投手 左左 亜細亜大
⑥古谷 拓郎 投手 右右 習志野高
⑦松田  進 内野 右右 Honda 
⑧土居 豪人 投手 右右 松山聖陵高

育①鎌田光津希 投手 右右 徳島インディゴソックス

2018シーズン終了

本拠地ZOZOマリンで1-4でEaglesに敗れ、パリーグワーストとなる本拠地14連敗でMarinesの2018シーズンが終了しました。

シーズン前半は勝率も5割を超え、昨年とは違うと期待されていましたが、終盤に大失速。
終わってみれば59勝81敗3分で、最下位Eaglesとゲーム差1の5位という井口監督の1年目となりました。
その井口新監督人気も手伝ってか、観客動員数は球団新記録だったそうですが、やはり勝ってくれないとそれも一時のもので終わってしまいます。来季の奮起に期待しましょう。

今季のマリーンズ内での主な部門リーダー(○はリーグ順位)は
投手
勝利  ボルシンガー 13勝③
勝率  ボルシンガー .867
防御率 二木 3.70⑦
セーブ 内 26③
ホールド松永26④
奪三振 涌井 99⑩
試合 益田 70②

野手
打率  井上 .292⑦
打点  井上 99⑤
本塁打 井上 24⑪
盗塁  中村 39②
出塁  井上 .374⑧
安打  中村 157⑥
犠打  藤岡 26

投手は新入団のボルシンガーが前半神がかり的な活躍で最多勝科と期待されましたが、故障離脱後は調子が上がらず13勝止まりどころか規定回数にも到達せず。
結局規定回数到達したのは涌井のみ。といってもリーグでも9人だけとなったのですが。
昨年大不振だった石川が復活気配、有吉は先発、唐川は中継ぎへの転向も少しだけハマり、先発陣の離脱で岩下、種市、土肥、新人の渡邊等、若手にチャンスを与えることが出来ましたが、来年以降その経験を活かすことが出来るのか、期待するしかありません。

野手は新外国人のドミンゲスがほとんど活躍できず、角中も出遅れ、荻野は途中離脱と苦しむ中、待望の和製大鵬となる井上の覚醒、新人藤岡・田村・中村・鈴木のフル出場、盗塁数の大幅増や安田・平沢への来季の活躍への期待が高まるなど、よいニュースもありました。
途中で岡をトレードで獲得しましたが、退団や引退する野手もあり、絶対数不足は否めません。
来シーズンに向けての補強に大いに期待するところです。

AREA 66

毎年球団を去る選手は少なくないのですが、今年のMarinesは#48宮崎敦次投手、#69肘井竜蔵外野手、#121安江嘉純投手の3選手が戦力外通告、そして#2根元俊一内野手、#25金沢岳捕手、#55大隣憲司投手、#66岡田幸文外野手が引退を発表しました。
引退の4選手には引退セレモニーが催され、この日の岡田選手がそのトリ。

OKADA & NEMOTO

先発出場した岡田選手は、1、2打席目を凡退して連続59打席ノーヒットという野手としての記録を更新。
とはいえ更新した後の3打席目から3打席連続安打ですから、不思議なものです。わざとではないと思いますが…
そして最終打席、通算2501打席目でも本塁打は出ず、初打席からの連続打席無本塁打の自らの記録も更新。

ゴールデングラブ賞も2度受賞するなど、華麗な守備が記憶に残る選手でした。
お疲れさまでした。

通算成績
岡田幸文 910試合 2501打席 573安打 .255 0本塁打 119打点 142盗塁
根元俊一 838試合 2652打席 583安打 .250 31本塁打 204打点 35盗塁
金沢岳 177試合 375打席 76安打 .230 1本塁打 27打点 1盗塁
大隣憲司 141試合 834.2回 52勝50敗0S 1HP 650奪三振 防御率3.36
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂
    集:ペナン生♂中二
    和:日本生♀小六
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター