FC2ブログ

蘇州河沿いを散歩②

今回の蘇州河沿い散歩で歩いた距離は約9km。
四行倉庫記念館も含みますが、途中で川沿いの道が工事中で封鎖されていて遠回りもさせられたので予想よりも多く歩くことになりました。

ようやくたどり着いたM50創意園

M50創意園

1930年代に建てられた紡績工場の跡地をそのまま利用してギャラリー街にしたそうです。

M50創意園

ここの芸術作品を見たかった…というよりは、散歩の目的地に設定しただけ。
予習もせずに来たので、隅々まで回れば、もしかしたら面白い作品も見られたのかもしれませんが、既に結構な疲労感に蒸し暑さもあって、一回りするだけで済ませてしまいました。

M50創意園

M50創意園

M50創意園

M50創意園の前の通りの莫干山路もスプレーアート作品が並んでいます。

莫干山路

莫干山路

Heatherwick Studioの建築プロジェクトである「1000 Trees」の裏側?にもアートが。
年内には完成するとか。完成したらまた訪れてみようと思います。

莫干山路

…というような散歩を終えて、地下鉄で淮海中路へ移動。そして本日の最終目的地、神町へ。

神町 黄浦区成都南路127号
神町

遅い昼食にご褒美のラーメン。

神町

上海では珍しいのではないかと思いますが、鶏白湯のスープが美味い。
ラーメンの種類も、ラーメン以外の食事も多くあるので、また来てみたいと思います。

このラーメンの為に散歩したと言っても過言ではありません。

蘇州河沿いを散歩①

端午節休暇は中日。

地下鉄2号線を南京東路駅で降りて、蘇州河を西に向かって散歩しました。

蘇州河

出発は上海郵政博物館

上海郵政博物館

川沿いの遊歩道を歩いて…と思ったのですが、意外に繋がっていなくて、橋の下をくぐることはできずにわざわざ道路まで上って横断歩道を渡らないといけないところも多かったですね。特に序盤はそういうところばかり。

蘇州河

日中戦争時の痕跡が生々しく残る四行倉庫

四行倉庫

休憩に涼みがてら中に入ってみました。

四行倉庫

1937年10月26日(ちょうど生まれた30年前!!)から11月1日にかけての第二次上海事変、最後の戦闘場所。
その当時の新聞記事や、再現モデルが展示されています。

四行倉庫

当然、中国側視点の表現がされていますが、そうでなくても戦争の悲惨さを思い知らされます。

四行倉庫

さらに西に歩いて、中国通商銀行の倉庫を改装したという八号橋芸術空間

八号橋芸術空間

ところどころにある変わった建物やオブジェを楽しみながらまだまだ進みます。

蘇州河

蘇州河

とりあえずの散歩の目的地、M50創意園まではまだ半分くらい。

黄浦江輪渡

上海生活ももうすぐ4年となるのに、今回が初めての黄浦江の渡し船[黄浦江輪渡]。

黄浦江輪渡

いくつかある船着場から、1人2元(約31円)で黄浦江の向こう岸まで行くことが出来ますが、地下鉄の値段を考えると必ずしもお得感はないかもしれませんね。
行先次第ということでしょうか。

黄浦江輪渡

黄浦江輪渡

2元という値段も昔から変わっていないようですが、この時代にWechat Pay等が使えないというのもレトロ感。
こちらもこの時代に小銭も持ち歩いていないので、交通カードを使うのが便利。

黄浦江輪渡

夕食前に北外灘を散歩。

黄浦江輪渡

北外灘

北外灘

北外灘

変わった建物があったり、大型船などが漂泊していたりして、普段は訪れない北外灘は新鮮。

七宝で温野菜

労働節の5連休初日。

予報では雨だったもののほとんど降らず、また幸い上海は"STAY上海"で済んでいるので、家から地下鉄で1時間ほどの七宝へ。

七宝

七宝

七宝

ただ、入り口には長い入場待ちの列。
入場者数を限定しているようで、とてもすぐ入れるような感じはしません。ましてやせっかくコロナウイルス対策で入場者制限をしているのに待ちの列は人でごった返していてかえってリスクが高そう。
既に新規感染者もほぼ出ていないというのに、日常が戻るにはまだ時間がかかるのでしょうか。

残念ですが観光はまたこの次ということにして、駅直結のショッピングモールで買い物と食事。

温野菜日式涮涮锅(七宝万科店) 闵行区漕宝路3366号七宝万科L506
温野菜

日本でよくお世話になったしゃぶしゃぶ温野菜(既に川崎の家の近所の店は閉店してしまいましたが)

温野菜

食べ放題のコースが基本ですが日本ほどその種類はありません。
海鮮付きかどうかの差だけ。

温野菜

温野菜

野菜やつまみは自分で取りに行くシステム。
タレも火鍋のように自分で薬味などを入れて好みのものを作ります。
肉の質なども考えると、日本と同じ!!…という訳にはいきません。

南浦大橋の桜

昨日に続き今日も雨。
これでは上海の桜も散ってしまうと思い、上海一美しいバス停と言われる南浦大橋のバスターミナルで花見。

南浦大橋

南浦大橋

南浦大橋

満開の桜に見送られて出発するバス旅はワクワクしそう。
早く旅も自由にできるようになってほしいものです…

南浦大橋

南浦大橋

相変わらず南浦大橋の夜景も美しい。

南浦大橋

南浦大橋

南浦大橋

南浦大橋

南浦大橋

世紀公園

閉じこもってばかりではいけないと、再開したばかりの世紀公園へ。

入場は随申吗の(緑色)QRコードを見せて、アプリで登録して(窓口使わず)入場料を払うという徹底管理でしたが、外国人のせいかその登録ができず…

せっかく窓口閉めて接触を避けているのに、そのせいで係の人と接触しまくった結果、無料で入れてもらいました。

世紀公園

世紀公園

"日本"桜の開花はまだ先のようですが、色とりどりの花と、同じように家を出てきた人たちが多くて園内は結構にぎやか。

以下写真
世紀公園

世紀公園

世紀公園

世紀公園

世紀公園

世紀公園

世紀公園

世紀公園

豫園新春民俗芸術灯会

春節前の週末。
世の中は日曜稼働日で土曜休みでなのに、なぜか弊社は土曜出勤・日曜休み。

そんな土曜日の帰りに、上海豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)を見に行きました。
これで地味に三年連続。

豫園新春民俗芸術灯会

今年はネズミ年。

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

上海ディズニーから、ミッキー達も出張ってきています。

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

以下、写真。

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

豫園新春民俗芸術灯会

黄浦江クルーズ

パートナー系列会社の懇親会で黄浦江クルーズ。

『待ち時間が長い』『自由にならない』『気を遣う』以外は、この3年以上駐在していながら初めてのクルーズ、普段の岸から見るのとは違った角度の夜景を楽しむことができました。

以下は写真

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

黄浦江クルーズ

西塘

銭塘江大逆流の後は西塘[Xitang]へ。

西塘

上海近郊に多い水郷の街の一つですが、映画MI:3のロケ地でTom Cruiseが「走开!小心!」と叫びながら走っていた場所です。
映画の設定は上海中心地ということでしたが、実際は車で1時間以上離れています。

西塘

西塘

遊覧船にビール持ち込んで、ゆっくり観光。

西塘

永寧橋
西塘

西塘

石皮弄
西塘

続きを読む

銭塘江大逆流

中秋節の三連休初日、N山氏とN村氏と三人で日帰りツアーに参加。

前半は銭塘江大逆流
早朝出発とはいえ自宅近くのマンションが集合場所だったのはよかったのですが、思いのほか早く到着してしまいかなり早い昼食で時間をつぶすことに。
さっきバスの中で『家を出たのが早かったでしょうから車内でおにぎりでもどうぞ』とか言ってなかったか!?

昼食後は塩官観潮公園は大勢の人であふれていて、なかなかいい鑑賞ポイントが見つかりませんでしたが、なんとか子供連れの家族の後ろを確保、子供越しに見れそうだということで安心しましたが、あとからあとから前に割り込んでくる大人たち。
いや、大人はまだいいのですが(自分は背が高いので)、子供を肩車して迫ってこられると…

銭塘江大逆流

銭塘江大逆流

正午前後が逆流の時間。1時間ほどつばぜり合いをした後、いよいよ逆流が迫ってきました。

銭塘江大逆流

銭塘江大逆流

銭塘江大逆流

音を立てて逆流する川は迫力はありましたが、過ぎてしまうとあっという間。
毎年死傷者が出るということでしたが、ここから見る分には全く危険を感じません。まさに高みの見物。
この残暑が厳しい炎天下でじっと待っているほうが危険を感じました…

FIBA Basketball World Cup Group-E Game.3

上海で開催されたFIBA Basketball World Cup 2019 Group-E First Roundも最終三日目。
M上さん夫妻・M野さんという不思議な組合せでアメリカ-日本戦を観戦。

FIBA WC

FIBA WC

日本は既に17位-32位の順位決定戦に回ることが決まってしまっていますが、王者アメリカにどこまで対抗出来るのか。

FIBA WC

FIBA WC

FIBA WC

#8 八村塁
FIBA WC

来年このアメリカチームのメンバーの揃うNBAでプレイする八村ですが、完全に抑えられて4得点。
最後Q4は出場せず、その後の発表では体調にも問題があったようですね。

#18 馬場雄大
FIBA WC

馬場は18得点3スチールと一人気を吐きました。海外移籍をしたいという高いモチベーションですかね。

#15 Kemba Walker
FIBA WC

結局、Jayson Tatumがケガで出場できないというハンデを全く感じさせずに完敗。
45-98というスコア以上に、アメリカのやりたい放題になってしまった試合でした。
今年は日本最強チームとも言われていたわけですが、世界の壁はとんでもなく高く厚い。

友人何人かがサッカーの98年フランスW杯に似ていると表現していてその通りだと思いましたが、サッカーW杯と違いまだ次があるので引き続き頑張ってほしいし、またサッカーのように今後2nd Roundに出られるような力をつけていってほしい!!

FIBA WC

順位決定戦と準々決勝がまた上海で行われますが、今のところ観戦予定はなし。
準々決勝にギリシャが来たらチケットを取りに走ろうかな。

日本チームの結果は残念でしたが、夢のような1週間でした。

FIBA Basketball World Cup Group-E Game.2

少し早く退社して、FIBA Basketball World Cup 2019 上海ラウンド(Group-E)、二試合目も応援に来ました。

FIBA WC

今日の席は国旗の裏。一番上から二列目いう席。

FIBA WC

遠いといえば遠いのですが、距離はともかくちょっと手すりなどで見づらい席。

FIBA WC

後がない日本は後がないチェコとの対戦。

FIBA WC

#8 八村塁
FIBA WC

残念ながらこのダンクはノーカウント。

FIBA WC

トルコ戦よりは試合の入りも悪くなく、実際しばらくは食らいついていたのですが、最後は76-89での敗戦。
この後のアメリカとトルコの試合結果によってはSecond Round進出の可能性も残しますが、まず絶望的。

FIBA WC

その日本の命運を握るトルコーアメリカ戦。

FIBA WC

なんと王者アメリカが追い詰められながらもなんとか延長にもちこみ、その延長でもトルコの痛恨のミスにより勝ちを拾うという大苦戦。
いずれにしてもこれで日本のFirst Roundでの敗退が決定。
上海最後のアメリカ戦では開き直って思い切った試合をしてほしい~
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂大学生
    集:ペナン生♂中三
    和:日本生♀中一
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター