FC2ブログ

仙台遠征③~仙台城跡

瑞鳳殿の後は仙台城跡

伊達政宗騎馬像がカッコイイ
仙台城跡

今回は珍しく夫婦二人での行動、そして記念写真。

仙台城跡

仙台城跡

高台からは太平洋まで見渡すことが出来ました。

仙台城跡


仙台城跡

仙台城跡

仙台城跡

良い眺めを堪能した後は、宮城縣護国神社

続きを読む

仙台遠征②~瑞鳳殿

昔住んでいた場所を確認した後は、亡くなった薫の先輩のお宅へ。
奥様とは初対面でしたが、温かく迎え入れていただき、奥様の知らない時代の話、薫の知らない時代の話で故人をしのびました。

夕方、帰りがけにせっかくなので仙台観光。

まずは仙台藩祖・伊達政宗の霊廟、瑞鳳殿

瑞鳳殿

瑞鳳殿

涅槃門
瑞鳳殿

瑞鳳殿

瑞鳳殿
瑞鳳殿

瑞鳳殿

瑞鳳殿

続きを読む

仙台遠征①~思い出の地

薫が学生時代に大変お世話になった先輩の訃報が届き、この春節休みを利用して弔問に仙台まで。

仙台駅

まずは仙台駅の牛タン通りにある利久で昼食。

利久

ん~大満足

利久

仙台は小学生の頃、今の和より小さい頃ですので大昔になりますが、3年弱住んでいました。
先輩のお宅に伺う前に、その思い出の地を訪問。

東仙台駅から近いところに住んでいたことは覚えていますが、当時あまり電車を使った覚えはありません。

東仙台駅

通っていた小学校。

東仙台小学校

住んでいた(と思われる)付近の現状

思い出の地

家の前の道はもっと広かった記憶が。そして坂道ももっと急だったような。
子供のころのイメージなのでそういうものなのでしょうが。

近くにあってよく通った商店も見当たらなかったし、いずれにしてもすっかり様変わり。
昔懐かしいというよりは、今はこうなんだ、という感じしかありませんでしたが。
その昔の記憶もあいまいだったりするので…
当時の写真を探してから来ればよかったなぁ。

BIG ALOHA

スパリゾートハワイアンズ2日目は、宿泊者の特権を活かして朝一番で並んで場所取りし、プールが空いているうちから遊びました。

スパリゾート ハワイアンズ

スパリゾート ハワイアンズ

薫と集が挑戦した高低差日本一のスライダーというBIG ALOHAも、比較的に待ち時間短め(クイックパスに抜かれまくりで早く並んだ割には長め)。

スパリゾート ハワイアンズ

ランチも速攻で名前を記入しておいたので、開店と同時に入れてロス時間なし。
時間を最大限有効に使って遊びまくっていましたが、午後になると昨日に続いて大雨のため土砂災害警報が発令されました。
昨日は雨で駐車場が閉鎖されて多くの人が足止めに遭っていたので、少し早めに帰ることに。

スパリゾート ハワイアンズ

すると、外は雷は遠くでなっているものの雨の気配なし…

スパリゾート ハワイアンズ

ちょっと早まったかとも思いましたが、お盆休みも後半、帰りの道がそこそこ渋滞していたので、結果的にはよかったですかね。

友部SA

サービスエリアでラーメンなど食べたりして、のんびり帰りました。

それにしても(初めて同然の)ハワイアンズ、よかったぁ~
もっと早く来ればよかった。

スパリゾート ハワイアンズ

上海の会社は夏休み、集も部活が盆休みということで家族でスパリゾートハワイアンズへ。
家族旅行は久し振りです。

スパリゾート ハワイアンズ

母親が言うには自分は2歳の時、常磐ハワイアンセンター時代に来ているらしいのですが、当然全く覚えていません。
子供たちは東北地方に来ること自体初めてです。

スパリゾート ハワイアンズ

ハワイアンズではチェックインをすれば(部屋には入れませんが)朝から遊べました。
来る前にわざわざ遠回りしていわき市内に立ち寄ってしまったことを後悔…
でもせっかくなので朝から思いっきり遊びます。

スパリゾート ハワイアンズ

スパリゾート ハワイアンズ

夕方までずっとプールで遊んで、温泉に入って、飲んで食べて。

スパリゾート ハワイアンズ

スパリゾート ハワイアンズ

そして夜はポリネシアンショー
席を予約しておいてよかったと思うほどの盛況ぶり

スパリゾート ハワイアンズ

スパリゾート ハワイアンズ

あとは部屋でゴロゴロ
幸せ~~

高山・金沢旅行⑩~巌門

金婚式・入学祝の高山・金沢旅行は最終日となる五日目。

夕方の新幹線までどう過ごすか直前まで考えましたが、結局はまずは和倉温泉街でお土産を探すことにしました。

湯元の広場には和倉温泉を見つけたとされるシラサギのブロンズ像があります。

和倉温泉

たまごを購入すれば源泉で温泉卵が作れるとのこと、3個100円で卵を購入して弁天崎源泉公園の船をかたどった湯のみ場へ。
(湯元の広場でも作ることが出来ます)

和倉温泉

看板によると温泉卵は15分ほど、ゆで卵は20分ほどと書いてあったので、1つは温泉卵、2つはゆで卵を狙って温めることにしました。

和倉温泉

ガイドブックを見返すと12~13分と書いてあったのですが、そちらの方がイメージに近かったようで、少し固めになってしまいましたが、美味しくできていましたヨ。

温泉卵

そして、お土産は"あの"加賀屋の売店で。

加賀屋

さすがの充実ぶりで、全てのお土産をそろえることが出来ました。

和倉温泉の後は、能登半島の西側にある巌門
日本海の荒波に長い期間をかけて浸食された洞門です。

巌門

巌門

続きを読む

高山・金沢旅行⑨~和倉温泉

昼食の後、金沢から今回の旅行最後の宿泊地となる和倉温泉に向けて出発。

途中、砂浜を車で走行できる千里浜なぎさドライブウェイに立ち寄りました。

千里浜なぎさドライブウェイ

砂の粒が小さいため走行可能なのだとか。
日本で唯一と言われると、とても貴重な体験をした気がします。

千里浜なぎさドライブウェイ

が、子供たちの興味は砂浜での砂遊び…

千里浜なぎさドライブウェイ

レンタカーの中が砂だらけになってしまうほど遊んで、ようやく和倉温泉に到着。
七尾湾に面した和倉温泉では、集と和は早速釣り人を見つけていろいろと聞きまわっていました。
迷惑かけてすみません…

和倉温泉

温泉街をいろいろ回るのは翌日に回して、この日は唯一、辻口博啓美術館 ル ミュゼ ドゥ アッシュへ。
単に世界で活躍するパティシエ辻口氏のスイーツが食べたいというだけの理由ですが…

辻口博啓美術館ル ミュゼ ドゥ アッシュ

たまたま夕ご飯のデザートが薫の苦手なものだったので、お土産に買ってきてよかったです。

そして今晩お世話になる、温泉街からは少し離れたところに位置する多田屋でも、七尾湾を一望でき、きれいな夕日を見ることが出来ました。

多田屋

多田屋

続きを読む

高山・金沢旅行⑧~ひがし茶屋街・21世紀美術館

金婚式・入学祝の高山・金沢旅行四日目は、半日文字色金沢市内を敢行してから和倉温泉へと向かうプランです。

金沢市内の桜は昨日からさらにきれいになっていました。

浅野川沿い、主計町茶屋街方面の桜
浅野川

ひがし茶屋街
ひがし茶屋街

石畳の道の両側に紅殻格子のお茶屋が並ぶ古い街並み。
江戸時代の雰囲気がそのまま残っているのだとか。

ひがし茶屋街

我家は軽く朝食が食べられるところを求めてきたのですが、どこもまだ開店前。
空腹で残念ながらその雰囲気にひたるどころではありませんでしたが…

結局、コンビニで軽く朝食を済ませた後、金沢21世紀美術館へ向かうことにしました。

『まちに開かれた公園のような美術館』というコンセプトのこの美術館、作品を見るばかりでなく、こんな天気がいい日は休んでいるだけで気持ちいい。

休んでばかりいる奏
金沢21世紀美術館

動き回る集と和
金沢21世紀美術館

美術館周囲のラッパは、どこかとどこかがつながっていて声が聞こえるはずですが、集と和は見つけられたのでしょうかね。

金沢21世紀美術館

代表的な展示作品の一つ、レアンドロ・エルリッヒのスイミング・プールは、上から見ると普通に水があるように見えますが、内部には人が入る空間があって、プール内の人を見下ろすことが出来ます。

金沢21世紀美術館

続きを読む

高山・金沢旅行⑦~金沢の夜

金沢市内の観光を終え、お楽しみの夕食は同じバスケチームで金沢出身のK君の勧めてくれた和乃食はねやで。

はねや

ペアカニコースを四人分、カキコースを二人分予約しておいて、集と和には一品料理を追加して、みんなでシェアしました。

カニコースには二人で1パイのズワイガニ!!

はねや

もう、これだけでボリューム満点ですが、他にもカニの刺身、カニ鍋(うどん付)、カニの天ぷらなどがこれでもかと出てきました。
カキのコースは焼き、蒸し、マリネ、牡蠣鍋に牡蠣ごはん。

はねや

もう、幸せいっぱいです

KANADE & TSUDOI & NAGOMI

金沢市内での宿泊は、金澤町家を1グループで使わせてもらう形の旅館。

金澤町家

素泊まりになりますが、キッチンやコインランドリーがついていて、旅行の中日に洗濯できるのがありがたく、家に帰って来たかのように落ち着けるのがいいですね。

ただシャワーしかついていないので、お風呂に入りたければ本館のお風呂を時間制で使わせてもらうか、周辺の銭湯に行くしかありません。
金沢駅からほど近い便利なところなので、じいちゃんと子供三人と一緒に駅裏のホテルの日帰り温泉を利用しました。

(金沢駅)
金沢駅

金澤町家では夜にとあるハプニングに見舞われ大騒ぎでしたが、なんとか寝る頃には落ち着き一安心。
パソコンを持って仕事をしながらの旅行になった薫も、ダイニングでゆっくり仕事出来たようです。

高山・金沢旅行⑥~金沢城公園

兼六園の後は、金沢城公園

金沢城公園

金沢城は1580年に佐久間盛政が築城を始めて、1583年に前田利家が入城。
以来1869(明治2)年まで加賀藩前田家14代の居城となりました。

橋爪橋橋爪門続櫓
金沢城公園

橋爪門(二の門)
金沢城公園

五十間長屋
金沢城公園

明治以降、終戦まで陸軍の拠点となり、平成7年まで金沢大学キャンパスとして利用されていたというので、公園になったのは結構最近ということですね。

金沢城公園

ここも桜が満開になれば、もっときれいになることでしょう。

金沢城公園

見学が終わって車に乗り込む前、紺屋坂のお店でこの日のスイーツ。
潤と薫はお団子、子供達はソフトクリーム。

KANADE & NAGOMI

ソフトクリームは色々な種類があって、集と和はいつも食べることのない味にチャレンジしましたが、あまり気に入らなかった様子。
いつもと変わらぬチョコレートを選んだ奏が勝ち組という…

さすが金沢、"金箔ソフト"というのもありましたが、さすがに試しませんでした。

高山・金沢旅行⑤~近江町市場・兼六園

五箇山から一時間程度で金沢に到着。

金沢ではまずは近江町市場でランチ。
どの店もどのメニューも美味しそうでしたが、今回はノドグロ入りの海鮮丼をいただきました。美味しい

近江町市場

約180ものお店が軒を連ねているという近江町市場
どのお店も威勢がよく、思わず買ってしまいそうになります。

近江町市場

まだ旅行は続くので我慢我慢。

近江町市場

今年のこの時期の金沢はが開花したばかり。
とはいえ暖かい日になったせいか、一気に咲いてきている感じです。

兼六園

満開とはいきませんが、桜の兼六園を見学することが出来ました。
明日から桜祭り(?)で入場料が無料になるとのこと。
逆に入場者が少ないかもと期待したのですが、結構な人でした…

兼六園

徽軫灯籠(ことじとうろう)・霞ヶ池(かすみがいけ)
兼六園

音を調整する琴柱(ことじ)に似ているため、その名が付いたと言われる2本脚の灯籠は、兼六園のシンボルとして確かによく目にします。

花見橋(はなみばし)
兼六園

橋から見る季節の花の眺めがすばらしいことから名前がついた木橋。
確かに桜がキレイ。

続きを読む

高山・金沢旅行④~五箇山

金婚式・入学祝の高山・金沢旅行三日目、高山を後にして金沢へ。

途中休憩がてら、東海北陸自動車道を下りて、五箇山に立ち寄りました。

インターから近くにある菅沼合掌造り集落
五箇山

白川郷に比べると小規模で、ほとんど人影もなく静けさに包まれた集落です。

五箇山

野菜の形をした手作りのお手玉など、お土産探しに夢中の子供達

五箇山

こきりこを踊る時に使う楽器"ささら”にも興味津々
108枚の檜の板を束ねているそうです。

五箇山

裏手には籠の渡し

五箇山

かつて流刑地だった五箇山には橋をかけることは許可されていなかったため、対岸に渡るときにはこういった籠で移動のだとか。
見るからに簡単に落ちてしまいそうで怖いですが…

これが人生初の富山県入り。
これから入る石川県を除くと、本州ではあと福井県、鳥取県、島根県に行ったことがないことになります。
北海道、四国、沖縄もないのですが。
プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂
    集:ペナン生♂中二
    和:日本生♀小六
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター