FC2ブログ

澳門④~世界遺産巡り②

さて、まだまだ歩きます。

聖ヨセフ修道院及び聖堂
1728年に創設された聖ヨセフ修道院は、中国、日本および近隣における宣教活動の主要拠点だった。一般には公開されていない。修道院隣にある1758年建築の聖ヨセフ教会は、ユネスコ2001年発行の「Atlas mundial de la arquitectura barroca」で中国のバロック建築の代表作として紹介されている。
聖ヨセフ修道院及び聖堂

聖ヨセフ修道院及び聖堂

フランシスコ・ザビエルの上腕部の遺骨も祀られています(写真右)。
聖ヨセフ修道院及び聖堂

聖ローレンス教会
16世紀中頃にイエズス会によって建てられ、マカオで最も古い教会の一(現在の外観および規模は1846年に再建されたもの)
聖ローレンス教会

聖ローレンス教会

聖ローレンス教会

鄭家屋敷
1869年以前に建築された著名な中国の文豪・鄭観應の伝統的な中国式住居。アーチ型の装飾に灰色レンガを使用したり、インド式の真珠貝の窓枠に中国式格子窓が取り付けられるなど、中国と西洋の影響による様式が混在している。
鄭家屋敷

鄭家屋敷

続きを読む

澳門③~世界遺産巡り①

マカオ2日目、観光までの時間、カジノで時間つぶし。
なんとみんな当たりに当たって昨日の負けを取り返すという素晴らしい一日のスタート。
個人的にはちょうど取り返しただけ、昨日と合わせて±ゼロでしたがそれでも大満足。

そんな一日は、世界遺産のマカオ歴史地区巡りです。


【世界遺産】 マカオ歴史地区(2005年登録)
ポルトガルは大航海時代の1513年にマカオに上陸し、リスボンに似たこの地にキリスト教の聖堂や修道院を立て始めた。16世紀の半ば、東方貿易の拠点としてマカオの居留権を得たポルトガルはその後に行政権を獲得。1999年に中国に返還されるまでマカオを統治下にした。
東西の文化、思想、技術が融合し、独特の文化が形成されたマカオには、現存する中国最古の西洋建築、西洋風の広場、イエズス会修道士によってつくられた砦などが残っている。


まずは最も有名と言っていい聖ポール天主堂跡
1602年から1640年にかけて建設され、1835年に火事で崩壊した聖母教会と教会の隣に建てられた聖ポール大学跡の総称。
聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡を見上げながら、エッグタルト。
まだお店の準備が出来ていませんでしたが、店員さんが出来立てを走って取りに行ってくれました。感謝。

エッグタルト

ナーチャ廟
神童ナーチャを奉るため1888年に建立された伝統的中国寺院。
ナーチャ廟

朝から雨模様でしたが、だんだん雨脚が強まってきました…

聖ポール天主堂跡

モンテの砦
1617年から1626年にかけてイエズス会の協力のもとに築かれたマカオ最強の防御施設。砦には大砲、軍部宿舎、井戸の他、2年間の攻撃に耐えうるよう兵器工場や貯蔵庫もあった。
モンテの砦

モンテの砦

この後、昨日も訪れたセナド広場へ。

続きを読む

澳門②~Largo do Senado

無事にNさんと合流し、カジノも大負けしない程度で切り上げてマカオ島へ移動。
夕食までの間、セナド広場[Largo do Senado]近辺を散策しました。

セナド広場

まずは1784年にマカオで最初に地方自治局として建設されたという市政署ビル

市政署

マカオ政府の組織改編により、今年の1月1日にこれまでの民政総署が市政署に変更されたばかりだとか。

市政署

市政署

市政署

既に日も落ちようかという時間帯だったので、聖ドミニコ教会は中に入れず。
明日また来るとしましょう。

聖ドミニコ教会

続きを読む

澳門①~タイパ島

上海で一緒に仕事をしているWさんの帰任前思い出作りということで、F君と一緒に週末一泊二日でマカオへ。
深圳にいるNさんも現地合流する4人の無計画旅行。性格的には無計画な旅行は合いませんが仕方ありません。

上海からマカオは飛行機で3時間弱。
13年ほど前に家族で旅行したことのあるマカオですが、空路で入るのもタイパ[氹仔]島も初めてです。

空港からシャトルバスでベネチアン・マカオ[澳門威尼斯人渡假村酒店]までは計画していましたが、「昼飯どうしよう」となり、方向だけ確認して街中と思われる方へ。
そんな中、口コミサイトと少しだけ並んでいる人を頼りに入ったCorto[波爾圖]

Corto Restaurante

すっかりビールだけでお腹いっぱいになり3人で2品しか頼みませんでしたが…美味かった!!

落ち着いたところで街を散策。

Macau Taipa

Macau Taipa

Macau Taipa

散策後はベネチアン・マカオに戻ります。
この時になって、来た時はかなり遠回りをしてたどり着いたことが発覚するわけですが、気を取り直していざカジノへ。

ベネチアン・マカオ内、まずはどこかの宮殿かと思うほど。
やたら広い、やたらゴージャス。

The Venetian Macao

The Venetian Macao

The Venetian Macao

そして3階にはグランド・カナル・ショップス。
ベネチアの街をイメージしたショッピングモール。これまた広大。

The Venetian Macao

続きを読む

香港最終日

香港最終日。

12:00のチェックアウト時間ぎりぎりまでホテルにいて、15:15発の便でペナンに帰りました。

泊まった日航ホテルの目の前はDFS。
駆け込みで買物ができてしまいます。

薫がバッグをご購入。前の日にも買ったのに、一目惚れしてしまったそうです。
潤も財布をご購入。悩んだ末に結局今のと同じブランド。

香港迪士尼樂園

夜中に花火が鳴り響くでもなく、静かに迎えた新年。
やはり香港では旧正月がメインなのですね。

我家の元日はカナデー(奏の日)。
新年早々、香港ディズニーランドへ出かけました。

尖沙咀から茘景、欣澳で乗継いで約30分(20HK$)でディズニーランド駅に着きます。
インターネットでチケットは予約していたので
AUTO MAGIC TICKET

AUTO MAGIC TICKETSのコーナーでクレジットカードを挿入することで短時間でチケットを発行してくれます。
が、普通に行っても、そんなに並ばずに買えそうでした。

続きを読む

テーマ : 香港
ジャンル : 海外情報

2005年最後の夕食は東宮で

11:00のフェリーで香港へ移動しました。

香港はもう一度観光しているし、奏が楽しめそうということで香港科学館に行ってみました。
香港科学館

解説は英語と中国語だけですが、結構楽しめます。
06年3月26日まではOptical Illusionという展覧会も併せて開催されています。不思議絵や目の錯覚などの展示物が並んでいて、これも面白かったですね。

大晦日の夕食はNathan Rd.のミラマー・ホテルにある東宮(Dong)へ。
薫が友人に推薦されたレストランです。

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

マカオ観光

朝からマカオ観光です。バスを使えば便利なのでしょうが、ひたすら歩くのが我家式。

朝食はホテル近くのカフェ・ナタで。
エッグタルトが有名ですが、自分で具を指定してその場で作ってもらうサンドイッチも美味でした。
カフェ・ナタ エッグ・タルト

エッグタルトとサンドイッチでお腹一杯になったころ、が降ってきてしまいました。  またか・・・

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

マカオへ

年末年始の休みは余り長くなく、また日本はとても寒いというので、帰るのはやめてマカオ・香港に行くことにしました。

ペナンから香港まではキャセイ・パシフィック航空の直行便(KLで1Stop)、香港空港では2時間ほどの待ち時間でマカオ行きのフェリーと接続するので意外と便利です。
フェリー
それでも朝一番の飛行機で出てもマカオに着いたのは16:30頃になりました。

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

JHOSO

  • Author:JHOSO
  • 1998年9月にペナンへ赴任。2006年6月に英国へ異動後、2008年2月に帰国し、川崎市に住んでいます。
    2016年7月から上海単身生活が始まりました。
    一部の記事は近親者向けに限定公開としています。パスワードは薫の旧姓です。

    潤:バンコク生♂
    薫:日本生♀
    奏:ペナン生♂
    集:ペナン生♂中二
    和:日本生♀小六
最近の記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
FC2カウンター